TOPへ戻る

お知らせ

お知らせ

副院長の倉本先生の研究について

 副院長の倉本先生は、東京医科歯科大学大学院歯髄生物学分野(根管治療の分野)に所属し、歯学部附属病院にて根管治療を専門に診療を行っておりました。そのかたわら、4年半の間、研究も行っておりました。以下に、倉本先生ご自身によって書いてもらった研究の簡単な解説を掲載致します。よろしければご覧ください。

今回は私が大学で行っていた研究内容のお話をさせていただきます。

MTAという材料についてご存知でしょうか?

MTAとはMineral trioxide aggregateの略で、水と混ぜ合わせると固まる水硬性の歯科材料です。

歯内療法(根管治療)の領域において幅広く使われており、今まで歯を残すことが困難であったり、治療後の経過が不確かな状態の歯に使用したりすることで、歯を残すことを可能にする一助となっております。

しかし、MTAを使用すればどんな状態の歯でも残せるという訳ではありません。

歯内療法(根管治療)の基本は感染の除去、再感染の防止です。感染の除去が疎かな歯にMTAを使用しても、治療後の経過を担保することは難しいです。

MTA自体が感染を取り除いてくれる訳ではなく、感染を除去した後の“封鎖”を目的に使用されます。

私は大学でこのMTAという材料の生物学的特性に関する研究をしてきました。

MTAはその良好な臨床成績から組織の炎症に対しても効果を発揮すると言われてきましたが、これまでに発表されている論文では“炎症を抑制する”という報告や逆に“炎症を惹起する”という報告が数多く見られます。

私は生体の免疫の主要な担い手の一つであるマクロファージという細胞に着目し、MTAの抗炎症効果について検討してきました。

マクロファージは細菌から刺激などを受けると周囲の細胞にその情報を伝え、その細菌に対する防御網を形成し、その結果周囲の組織は“炎症”という状態になります。

細菌等の感染を除去した後でも、その炎症が持続していると周囲の組織は治癒には転じてくれません。

私の研究からMTAは細菌の刺激を受けたマクロファージから放出される炎症誘発物質を抑制するという結果を得ることができ、更に抑制されるまでのマクロファージ細胞内の伝達機構の一端を発見することが出来ました。この研究結果はイギリスとヨーロッパの歯内療法専門雑誌に掲載されています。

この発見はすぐに臨床に直結することではありませんが、将来的により良い新しい材料を開発する際などに役立てることができると信じております。

神経を取り除くことについて

よく患者さんから「虫歯が神経に達するギリギリのところでおさまっていた場合でも神経を取り除かないといけないのでしょうか?」と聞かれます。

 歯の中には神経や血管などが通っている『歯髄』と呼ばれる部分があります。よく深いむし歯の治療では、「神経をとる」などと言われますが、実際には「神経や血管の通っている『歯髄』をとる」ということになります。深いむし歯でも歯髄の状態が良ければ、歯髄を残して治療できる場合がありますし、歯髄の状態が悪い場合には歯髄を取り除く処置が必要になることもあります。

 しかし、ここで問題なのが現代でも、歯髄の状態を正確に診査する方法がない!ということです。今の科学の力でも処置前に歯髄の状態を正確に診査し、歯髄が残せるか残せないかを100%で診断することはできません。

 むし歯はどのくらいの大きさか、冷たいものがしみるか、どんな感じでしみるのか、温かいものではどうか、歯を叩いてみたときはどうか、歯肉の状態はどうか、お口の中を細かく見て、レントゲンなどを撮影し判断します。その際に、冷たいものを押し当てたり、逆に温かいものを押し当てたり、弱い電気を流したりして歯髄の状態を探ることもあります。

 そのようにしてある程度予測をたてて、むし歯を取っていきますが、治療を始めて歯髄に近くならないと、歯髄が残せるかどうか、分からないことも多くあります。また、処置時は歯髄を残せると判断しても、後の経過をみていくと、やはり歯髄を取らなければならないことも多くあります。

 このように歯髄を残す治療は「不確実性」があります。

 当院では処置前に、歯髄が残せそうか、残せなそうか、ある程度予測し患者さんと相談してから処置を開始します。また、歯髄を残そうとしても、やはり後日、歯髄を取る処置が必要になる可能性があることもお話しし、ご了解をいただいてから処置を開始致します。うまくいく!と気楽に始めると、うまくいかない時に困ってしまうので。

 このように神経を残す処置には不確実性が、ある程度、存在します。逆に神経を取る処置は非常に高い成功率が世界的にも報告されております。それでも歯の寿命を考えると、歯髄が残せたらよいな、と思います。判断に迷うようなケースもありますが、色々な診査を行い、科学的に考え歯髄の状態を予測し、処置方針を決めていけたらと思います。

当院での根管治療(7)

世田谷区二子玉川にて
根管治療を専門に開院しております、
坂上デンタルオフィスの坂上斉です。

お久しぶりになりますが、
当院で行った根管治療の経過です。前回の症例の経過報告は調べたら3年ぶりでした。間が空いてしまってすみません。

他のクリニックで左下の奥歯の根管治療を行っていたようですが、なかなか治らないため、当院にご紹介いただいた患者さんです。

奥から2番目の歯 (白い壁が作ってある歯) の歯ぐきからウミが出ています。
ウミの出口からレントゲンで映る棒を入れて、レントゲン写真をとると、

レントゲンに写っている歯の1番右の歯の根の先が黒くなっており、
ウミの出口から入れた棒も1番右の歯の根の先に向かっています。1番右の歯の根の治療は行われておりません。かぶせものの下にむし歯もありそうです。

ウミの出口は奥から2番目の歯でしたが、ウミの原因の歯は1番奥の歯であると診断しました。
治療が長引くと「治療しても治らないの?抜かないとダメ?」と
不安になると思いますが、
診査、診断からもう一度やりなおすことにより改善することもあります。

今回は2番目の歯ではなく、1番奥の歯が原因と診断しなおし、根管治療をしました。

ウミの出口も治りました。この時、奥から2番目の歯の治療は行っておりません。

現在は、治療後6か月以上経っておりますが、ウミの出口も再発しておりません。かぶせものは紹介元の先生にお願いしております。

1番奥の歯の治療後、奥から2番目の歯の根管治療もご依頼いただき、
両方の歯の根管治療を行っております。

根管治療後6か月経ち、根の先の黒い影(骨が溶けている部分)も改善してきているようです。

すべての歯が治るわけではありませんが、
ご心配の方、治療が長引いている方は一度、
ご連絡いただければ、
お手伝いできることがあるかもしれません。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 専門医
坂上 斉

副院長の診察が始まります

坂上デンタルオフィス院長の坂上斉です。

 院長はただいま、昭和大学での学生実習に兼任講師として参加しており、木曜日を休診日としております。 診療日が減ってしまい、申し訳ございません。

 また、10月以降の月曜日に、副院長の診察を開始致します。

 副院長も根管治療(歯内療法)を専門に研鑽を積んでおり、東京医科歯科大学大学院歯髄生物学分野を修了致します。 日本歯内療法学会専門医の資格も申請中です。 月曜日限定となりますが、院長の診察よりも早く開始できる状態です。 自費の根管治療(歯内療法)となりますが、費用は取り組みやすくなっております。 使用する機材(CT、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)、ニッケルチタンファイル、ニッケルチタン用ハンドピース、もちろんラバーダムも)は院長と全く同じものです。 同じように診査、問診に時間をかけ、丁寧な治療を行ってまいります。

 副院長の診察開始に際し、根管治療(歯内療法)への知識、技術、取り組む熱意、など確認し、十分であると判断致しました。 副院長の診察もご検討いただけたら幸いです。 診察をご希望の際は、電話にてお問い合わせください。

坂上デンタルオフィス 

日本歯内療法学会専門医  坂上 斉

続 緊急事態宣言を受けて

 現在、経過を拝見している患者さんなどは、5月以降に予約を変更させていただいております。また、初診患者さんの受診も制限させていただいております。

 ただし今後、状況の変化に伴い、対応が変わる可能性がございます。その際はホームページに通知を出し、お電話で各患者さんへ連絡を差し上げる可能性がございます。

 現在、当院ではマスク、ガウン、グローブ、シールドなどを用い、使用した器具は滅菌、あるいはディスポーザブルの器具を用いて万全の感染対策を行っております。また、患者さんの予約治療時間に間隔を設け、空気の入れ替えも行っております。

 それでも完全に感染を防ぐことができないかもしれないため、感染拡大を防ぐため完全な休診等も検討してまいります。

 皆様にご迷惑をおかけするかもしれませんが、何卒、よろしくお願い致します。

坂上デンタルオフィス

坂上 斉

新型コロナウィルス感染症に対して、当院の対応

いつも坂上デンタルオフィスをご愛顧いただき有難うございます。

政府から発表された「緊急事態宣言」を踏まえ、感染拡大防止に向け、下記の症状が認められる方の治療をお休みさせて頂きます。

  1. 37度以上の発熱がある方
  2. せき、倦怠感、息苦しさ等の症状がある方
  3. 「ニオイ」や「味」の異常を感じる方

以上の症状が続いていらっしゃる方々の受診をお断りさせて頂きます。

その他、過去1カ月以内に海外への渡航歴がある方や健康状態に不安がある方は受診前にお電話でご相談頂きますようお願い申し上げます。

現在、お1人お1人の治療にゆとりを持ちながら診療をしております。その為、誠に申し訳ございませんが、以前よりご予約がとりづらくなっております。予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

ご予約がある方については、予約日の数日前にこちらからお電話をしております。キャンセルや変更等ございましたら、お気軽にご相談ください。

また、経過を診ている方については、誠に申し訳ございませんが、ご予約の変更をお願いしております。順次対応させて頂きますので、宜しくお願い致します。

坂上デンタルオフィスでは、感染症予防策として以下の取り組みを実施しております。

  1. 定期的な窓開けなどによる換気(「密閉」の回避)
  2. 待合スペース、洗面台周辺、ドアノブの清拭
  3. 患者様へ来院時の手洗い、手指消毒、うがい、検温のお願い

皆様の健康を守り、安心してご来院頂くため今後も最善の対応を心掛けて行きます。

どうぞ宜しくお願いします。

坂上デンタルオフィス

坂上 斉

4月、5月の休診日について

坂上デンタルオフィスの坂上です。事務連絡ばかりですみません。

 4月、5月は、昭和大学歯学部の歯内療法(根管治療)実習をお手伝いするため月曜日と木曜日を休診日としておりました。新型コロナウィルス感染症の影響で、実習は延期となっておりますが、当院の休診日はそのまま、4月、5月は月曜日、木曜日と致します。6月以降はまた、月曜日と水曜日の予定です。

日本歯内療法学会 専門医 

坂上デンタルオフィス 坂上 斉 

新型コロナウィルスへの当院の対策について

 当院では治療に際し使用する器具は、滅菌可能なものはすべて滅菌処置を行っており、滅菌できないものはディスポーザブル(1回使用)としております。また、患者さんの入れ替え時には、治療用イスを含めてアルコールタオルにより清拭しております。これは新型コロナウィルス発生前より変わっておりません。

 また患者さん用に手指消毒剤も用意しておりますので、ご使用していただけたら幸いです。

 もし体調を崩されている患者さんがおりましたら、来院前にご連絡いただきますよう、よろしくお願い致します。

 皆様にもご迷惑をおかけしておりますが、ご協力の程、よろしくお願い致します。

 坂上デンタルオフィス

 坂上 斉

2019年新患患者さん受け入れ状況について

世田谷区二子玉川にて根管治療を専門に開業しております、

坂上デンタルオフィスの坂上です。

2019年、年内の患者さんの受け入れ(初診患者さんへの対応)が大変困難な状態となっております。

また、初診後の治療開始は年明けになってしまいます。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

ご了解のほど、よろしくお願い致します。

日本歯内療法学会専門医

坂上デンタルオフィス

坂上 斉

4月5月は木曜日休診といたします。

坂上デンタルオフィスの坂上斉です。

4月と5月は、
水曜日を診療日とし、
木曜日を休診日と致します。
お手数をお掛けしますが、
よろしくお願い致します。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 専門医
坂上 斉

副院長の倉本先生の研究について

 副院長の倉本先生は、東京医科歯科大学大学院歯髄生物学分野(根管治療の分野)に所属し、歯学部附属病院にて根管治療を専門に診療を行っておりました。そのかたわら、4年半の間、研究も行っておりました。以下に、倉本先生ご自身によって書いてもらった研究の簡単な解説を掲載致します。よろしければご覧ください。

今回は私が大学で行っていた研究内容のお話をさせていただきます。

MTAという材料についてご存知でしょうか?

MTAとはMineral trioxide aggregateの略で、水と混ぜ合わせると固まる水硬性の歯科材料です。

歯内療法(根管治療)の領域において幅広く使われており、今まで歯を残すことが困難であったり、治療後の経過が不確かな状態の歯に使用したりすることで、歯を残すことを可能にする一助となっております。

しかし、MTAを使用すればどんな状態の歯でも残せるという訳ではありません。

歯内療法(根管治療)の基本は感染の除去、再感染の防止です。感染の除去が疎かな歯にMTAを使用しても、治療後の経過を担保することは難しいです。

MTA自体が感染を取り除いてくれる訳ではなく、感染を除去した後の“封鎖”を目的に使用されます。

私は大学でこのMTAという材料の生物学的特性に関する研究をしてきました。

MTAはその良好な臨床成績から組織の炎症に対しても効果を発揮すると言われてきましたが、これまでに発表されている論文では“炎症を抑制する”という報告や逆に“炎症を惹起する”という報告が数多く見られます。

私は生体の免疫の主要な担い手の一つであるマクロファージという細胞に着目し、MTAの抗炎症効果について検討してきました。

マクロファージは細菌から刺激などを受けると周囲の細胞にその情報を伝え、その細菌に対する防御網を形成し、その結果周囲の組織は“炎症”という状態になります。

細菌等の感染を除去した後でも、その炎症が持続していると周囲の組織は治癒には転じてくれません。

私の研究からMTAは細菌の刺激を受けたマクロファージから放出される炎症誘発物質を抑制するという結果を得ることができ、更に抑制されるまでのマクロファージ細胞内の伝達機構の一端を発見することが出来ました。この研究結果はイギリスとヨーロッパの歯内療法専門雑誌に掲載されています。

この発見はすぐに臨床に直結することではありませんが、将来的により良い新しい材料を開発する際などに役立てることができると信じております。

// 全記事表示
  • 副院長の倉本先生の研究について
  • 神経を取り除くことについて
  • 当院での根管治療(7)
  • 副院長の診察が始まります
  • 続 緊急事態宣言を受けて
  • 新型コロナウィルス感染症に対して、当院の対応
  • 4月、5月の休診日について
  • 新型コロナウィルスへの当院の対策について
  • 2019年新患患者さん受け入れ状況について
  • 4月5月は木曜日休診といたします。
  • 新規患者さんの受け入れ状況について
  • 新規患者さんの受け入れ状況について
  • 新規患者さんの受け入れ状況について
  • 新規患者さんの受け入れ状況について
  • 新規患者さんの受け入れについて
  • 診療日の追加
  • 本年も大変お世話になりました。
  • 当院での根管治療(6)
  • 9月23日はプライベートセミナー
  • 9月は講演がたくさん
  • 9/10(日)は医局のOB会にてプレゼンさせていただきました。
  • 先週の土曜日、日曜日は講演会のお手伝い。
  • 日曜日は休診させていただきました。
  • 日本歯内療法学会へ参加致しました。
  • 第146回日本歯科保存学会春季大会
  • 当院での根管治療(5)
  • 大学での実習のお手伝い
  • 当院での根管治療2017(4)
  • トライオートZX2の動画を追加しました。
  • 新しい機材が導入されました(トライオートZX2)
  • 当院での根管治療2017(3)
  • 2017年日本顕微鏡歯科学会
  • 院長の執筆した専門書が出版されました。
  • 4月5月休診日の変更
  • 友人が専門書を出版しました。
  • 歯内療法症例検討会2017年春
  • 根管治療の経過2017(2)
  • 2/25(土)は痛みの講習会に参加しました。
  • 4月5月の休診日について
  • 根管(根幹)治療の後に開けっ放しになっているのですが、治療は可能でしょうか?
  • 治療の経過(ウミの出口ができてしまった方)2017(1)
  • 専門書の執筆
  • 2017年1月5日(木)から診療開始いたします。
  • 年末年始の開院日時
  • 第9回歯内療法症例検討会に参加してきました。
  • 第23回歯科医学会総会に参加してきました。
  • 10/23(日)、10/30(日)、11/6(日)は休診のお知らせ
  • 院長も執筆している専門書が発売されました。
  • 坂上デンタルオフィスお知らせ
  • 坂上デンタルオフィス休診日
  • 根管治療が終わったのに痛みが出てしまいました。根管治療が失敗したのでしょうか?
  • 坂上デンタルオフィス休診日
  • 根管治療が終わったのに痛みが出てしまいました。根管治療が失敗したのでしょうか?
  • 根管治療後に激痛を生じました。こんなことってありますか?
  • 根管治療の症例を一つ追加しました。
  • 日本歯科保存学会2016年春季学術大会part 2.
  • 日本歯科保存学会2016年春季学術大会
  • 坂上デンタルオフィス休診日のお知らせ
  • 30代男性:根管治療 患者様の声
  • 30代男性:根管治療 患者様の声
  • 根管治療とは・・・
  • 歯根端切除術の勉強会に行ってきました。
  • 春~spring~
  • 本日は大学にお手伝いに伺いました。
  • ゴールデンウィークの診療日について
  • 4月5月の診療日について
  • AAE2016の続き
  • AAE2016に参加させていただきました。
  • 今日で開業1年たちました。
  • 4月4日〜11日は休診させていただきます。
  • ご無沙汰しております。
  • 30代女性:根管治療 患者様の声
  • 前の通りが工事中です。
  • 歯科専門誌に記事を掲載して頂きました。
  • 30代女性:根管治療 患者様の声
  • 根管治療時に無菌的処置を行っていますか?
  • 初雪
  • 2016年 診療開始
  • 年末年始の休診日について
  • 根管治療した歯でもずっと使えますか?
  • 神経を取る薬には、副作用がないのでしょうか? 周囲の組織に悪影響がないか心配です。
  • かぶせものに穴をあけて再根管治療を行いました。その後、穴をふさいだ形跡がないのですが、このままでいいのでしょうか?
  • ご無沙汰しております(新しい器具『SAF』について)
  • スポーツと歯の関係から、少し関係のないこと。
  • 講演してきました。
  • 歯の変色について
  • 根管治療専門で開業して半年経ちました。
  • 以前、他院で根管治療をした歯が痛みます。根管治療が失敗したということでしょうか?
  • 根管治療には針のような器具を使うようですが、治療中は痛くないのでしょうか?
  • 神経を取るため歯を削りましたが、とても大きな穴があきました。そこまで削る必要があるのでしょうか?
  • 根管治療したにもかかわらず、咬むと痛みます。治療がうまくいかなかったのでしょうか?
  • 現在通院中なのですが、根の治療のために何度も通院するよう言われます。どうしてですか?
  • どうして歯の神経を取らなくてはいけないのですか?
  • 根管治療にはどのくらいの時間がかかりますか?また、通院は何回くらいする必要がありますか?
  • 以前、他院で根管治療をした歯が痛みます。根管治療が失敗したということでしょうか?
  • 根管治療には針のような器具を使うようですが、治療中は痛くないのでしょうか?
  • 神経を取るため歯を削りましたが、とても大きな穴があきました。そこまで削る必要があるのでしょうか?
  • 二子玉川 花火大会
  • 根管治療したにもかかわらず、咬むと痛みます。治療がうまくいかなかったのでしょうか?
  • どうして歯の神経を取らなくてはいけないのですか?
  • 根管治療にはどのくらいの時間がかかりますか?また、通院は何回くらいする必要がありますか?
  • 根管治療専門医としてのラバーダム防湿 part 2
  • 根管治療専門医としてのラバーダム防湿 part 1
  • 歯科保存学会報告 part 2
  • 歯科保存学会報告
  • 開院3か月
  • ZEISS Forum 2015
  • 50代女性:根管治療 患者様の声
  • 40代女性:根管治療 患者様の声
  • 治療の際の痛みはありますか?
  • 根管治療後に痛みが出る事はありますか?
  • 根管治療ってどのような治療ですか?
  • 50代女性:根管治療 患者様の声
  • 痛くない治療のために
  • 『歯の神経を抜く』ってなに? (ひどい虫歯の治療について)
  • 私の道具箱
  • Dr.Kim from The University of Pennsylvania.
  • 坂上 斉です。
  • ドクター紹介
  • 痛くない根管治療のさかうえデンタルオフィス 4月2日開院予定