TOPへ戻る

当院の治療の特徴

当院の治療の特徴

他の医院との最大の違いは最小限の切削による治療

患者さんの大切な歯を残す精密根管治療

他の医院との最大の違いは最小の切削による治療です。
当院では患者さんの大切な歯をなるべく削らず残すための精密治療を行っております。

治療の違いについて

重度のむし歯、歯周病になってしまった場合の治療法の違い

一般的な自費治療・保険診療と当院の治療の違いについてご紹介致します。

一般的な自費診療

 
メリット デメリット

・安定して噛める
・歯を削らない

・高額(30万円~)
・外科処置が必要

一般的な保険治療

 
メリット デメリット

・安い(1万円程度)

・健康な歯を削る
・神経の処置が必要になることもある
・やり直しも多い

当院のマイクロ精密治療

 
メリット デメリット

・自分の歯で噛める
・インプラントより安い(10万円程度)
・削る量が非常に少ない

・保険治療より高額

でも・・・ご自身の歯で食事をしてみませんか?

 

一般的なむし歯治療の場合の治療法の違い

一般的な自費診療

 
メリット デメリット

・非常にきれい

・歯を多く削る
・高額(10万円~)

一般的な保険治療

 
メリット デメリット

・安い(1000円~)

・変色する 
・やり直すことも多い

当院のマイクロ精密治療

 
メリット デメリット

・最小限の切削
・保証期間付き(3-4万円)

・保険治療より高額

治療前〜治療後まで痛みが少ない治療へのこだわり

当院は根管治療の際の痛みに対する最大限の配慮を行っております。

治療前の配慮

原因の分からない痛みは、大きな不安を引き起こし、痛みを本来よりも強く感じさせてしまいます。
そのため、まずは痛みの原因を探ります(歯の神経が痛んでいるのか、歯の周りが腫れて痛いのか、他の原因なのか)。
お口の中の腫れている場所や歯ぐきの状態、むし歯の深さを確認した後に、レントゲン写真を撮影し原因となっている歯を確定していきます(場合によってはCTも撮影致します)。
原因が判明したら原因歯に対する処置方法を提案させていただきます。原因が分かれば不安もなくなり、処置方法が決定し治療を進めていけば痛みも改善していきます。

治療中の配慮

電動麻酔を利用した治療

処置中に痛みを感じることは、患者さんにとって苦痛であるとともに、処置も不十分になりさらなる疼痛を招く原因となります。そのため処置中は痛みを感じないように細心の注意を払います。麻酔の注射をすることも多いのですが、その際にも表面麻酔を十分に行い、針を刺す痛みを最小限にするように配慮致します。

治療後の配慮

根管治療後は一時的に痛みが出る場合もあります。痛み止めのお薬や抗生物質を服用していただくこともありますので、アレルギーがある方はおっしゃって下さい。

根管治療専門医が患者さんのご質問にお答え致します。

当院に来院された患者さんから実際に頂きました質問の一部をご紹介致します。

 

動画で見る根管治療

根管治療 動画 ①

根管治療 動画 ②

根管治療 動画 ③

根管治療時に膿が出てきました。毎回出るわけではありません。症状が強い場合には出ることがあります。

治療費について

下記金額は税別となっており、別途消費税が加算されます。
初診料(レントゲン・CT撮影・投薬等を含む)
10,000円
再診料
3,000円

根管治療 料金表

前歯
50,000〜80,000円
小臼歯
60,000〜110,000円
大臼歯
80,000〜140,000円
難治症例
穿孔封鎖
10,000〜20,000円
 破折器具除去
15,000〜30,000円
ポスト除去
5,000〜10,000円
歯根端切除術
前歯
80,000〜120,000円
小臼歯
100,000〜150,000円
大臼歯
120,000〜180,000円
MI修復(コンポジットレジン修復)
1面
20,000〜35,000円
複数面
30,000〜50,000円
歯髄保存処置
15,000〜30,000円
その他
ファイバーポスト
15,000〜30,000円
テンポラリークラウン
4,000〜8,000円
漂白
10,000〜20,000円

治療に伴うリスク

根管治療することにより治療の影響で一時的に痛みが強くなることがあります。