TOPへ戻る

お知らせ

お知らせ

歯内療法症例検討会2017年春

先日3/19(日)には
秋葉原UDXにて歯内療法症例検討会が開催されました。
午前中のセミナーでは
私が40分程度講演させていただきました。

「閉塞根管の診断と対応」というタイトルでした。

根管治療の難症例と言われている、
「穿通しない根管」「石灰化した根管」などについて
臨床例を交えて、説明させていただきました。

僕は『あがって』しまうので、講演は得意ではありませんが、
若手の先生方に何か受け取ってもらえたらと思い、発表させていただきました。

本当は治療している方が、気持ち的にもよいのですが、
たまには講演もしないと、と思ってやっております。
クリニックを休診にしてしまい申し訳ございませんが、
ご容赦ください。

それから
クリニックの休診日ですが、
4月、5月は月曜日木曜日が休診日となります。
(木曜日は昭和大学の学生の指導に伺わせていただきます。)

変則的ですが、よろしくお願い致します。

世田谷区二子玉川の根管治療専門医
坂上デンタルオフィス
坂上 斉

根管治療の経過

今回は、治療後の経過を報告いたします。

矯正治療前の治療として、
左下の小臼歯の治療をご依頼いただきました。

処置前にはウミの出口ができており、
レントゲン写真でも根の先に黒いカゲが見えましたが、
処置後、ウミの出口もなくなり、
4か月で、黒い影も改善してきました。

処置前のお口の中の写真

処置前のレントゲン写真

処置後4か月のお口の中の写真

処置後4か月のレントゲン写真

処置前と処置後4か月のレントゲン写真の比較

処置前後のレントゲン写真を比較すると、処置後のレントゲン写真(右)は根の先の黒い影が少し小さくなっているのが確認できます。このまま経過してくれると良いですが、引き続き経過をみていきます。
根管治療は経過をみていかないと、本当の結果は分かりません。
1年くらいは経過をみさせていただきたいですね。

今回は今のところ、たまたま、うまく治ってきてくれました。

****************************************************

今度の日曜日(3月19日)に40分程度ですが、
若手歯科医師向けに講演会がありまして、
そのため、ブログの更新が滞っております。
講演会が終わりましたら、もう少し更新頻度を上げていきたいです。
気長にお付き合いいただけたら幸いです。

坂上デンタルオフィス
歯内療法専門医 坂上 斉

2/25(土)は痛みの講習会に参加しました。

今日は休診させていただき、
頭痛・歯痛・首肩の痛みの関連性について
講習会を受けてまいりました。

根管治療を専門に治療を行っていると、
どうしても様々な痛みを抱えた患者さんを
拝見します。

痛みは、だれもが感じる感覚であるにも関わらず、
他人が客観的に評価することが難しく、
様々な要因が複雑に絡んだ痛みになると、
治療が難しいものです。

一つの処置ですべてが解決することができればとても良いのですが、
現実にはそのような場合だけではありません。

 

患者さんの中には、歯の痛みと同時に、
他の場所の痛みも感じる患者さんがいます。

歯の痛みに対して、私たち歯科医師は対応できますが、
他の場所の痛みには対応しかねます。
しかし、痛みの発生の仕組みを理解することによって、
私では対応できなくても、適切に対応できる先生へ
ご紹介できるかもしれません。

歯の根の痛みに対して対処できるように
日々、努力しておりますが、
痛みの要因の一つを解決するだけかもしれません。

複雑な痛みの患者さんに対して、
適切に対処できるであろう先生をご紹介させていただくこともあります。
ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

世田谷区二子玉川の根管治療専門医院
坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 歯内療法専門医
坂上 斉

4月5月の休診日について

東京都世田谷区二子玉川で根管治療を専門に行っている、
坂上デンタルオフィス 坂上 斉です。

4月と5月の木曜日は、
昭和大学の学生実習のお手伝いをさせていただく予定なので、
休診とさせていただきます。
代わりに、4月、5月は
水曜日に診療いたします。
患者さんにはご迷惑をお掛けしますが、
よろしくお願い致します。

日本歯内療法学会 歯内療法専門医
坂上デンタルオフィス
坂上 斉

根管(根幹)治療の後に開けっ放しになっているのですが、治療は可能でしょうか?

根管(根幹)治療とは、根管の中の細菌の数を可能な限り少なくする治療です。

そのため、治療と治療の間には細菌が入らないようにきちんとフタをする必要があります。以前は根管治療後に痛みが出たりすると、フタをあけたままにして痛みを和らげる、という治療法がありました。
しかし、この治療法はお口の中の細菌がまた、根の中に入り込んでしまうため、現在は良くないとされています。

当院でも、まれに治療後に痛みが出てしまう方がいらっしゃいます。
そのような場合は、痛み止めと抗生剤によって痛みを和らげるようにし、フタを開けるという治療法をとることはほとんどありません。

当院では根管治療で困った方がいらっしゃいますので、根管治療後にフタを外したままの患者さんがいらっしゃることがあります。

そのような方でもきちんとした根管治療によって、腫れがおさまり、もう一度、物を咬むことができるようになる方もいらっしゃいます。
しかし長い間、フタを外したままになっているような場合、根の中全体に細菌が進んでしまって根管治療が困難になってしまう方もいらっしゃします。

一概には言えませんが、根管治療後に痛みが出てしまったり、フタを外したままになっていたりして根管治療がなかなか終わらないような方は、一度、ご相談いただけたら幸いです。
お手伝いできることがあるかもしれません。

当院の患者さんで、フタを外したままで来院された患者さんの症例を参考にしていただきたいと思います。

⇒ フタを外したままで来院された患者様の症例を詳しく見る

治療の経過(ウミの出口ができてしまった方)

今回は久しぶりに治療の経過を報告いたします。

歯ぐきが腫れてウミの出口ができたとのことで、来院された患者さんです。
最初の画像は処置前のウミの出口ができていた状態です。
術前口腔内
2015.05.01_#25
腫れた原因は真ん中の歯のようです。

その後、根管治療によってウミの出口が治ってきたので、
根の中を詰めてレントゲンを撮りました。
根充時口腔内
2015.05.29_#25
レントゲンできちんと詰まっていることを確認しました。
この時点では歯の横の黒い影は治っていません。
黒い影は6か月や1年以上かかって治ってきます。
その間にかぶせ物などを進めていただいたりします。

1年以上たって経過をみさせていただいたところ、
予後口腔内
2016.12.24_#25

ウミの出口の再発もなく、経過も良好でした。
歯の横の黒い影も治ってきました。

歯ぐきにウミの出口ができてしまった方でも、きちんと根管治療を行うことによって、
治ることもあります。今回はうまくいって、患者さんも喜んでいらっしゃいました。

歯が割れてしまっている場合などは、このようにうまくはいかないこともあります。
必ずうまくいくわけではありませんが、歯を抜く前に一度拝見させていただければ
お手伝いできることがあるかもしれません。
根管(根幹)治療でお困りの方は
ご相談いただければ幸いです。

坂上デンタルオフィス
歯内療法学会専門医 歯科保存学会認定医
坂上 斉

専門書の執筆

もうすぐ1月も終わってしまいますね。
ご無沙汰しております。
坂上デンタルオフィスの坂上です。

実は昨年に出ていたのですが、
私が一部執筆した専門書がもう1冊出ていました。

以前、執筆していた本は「外科的な」根管治療の専門の本で、
その後に出た本は「通常の」根管治療について
基礎的な部分から解説してあり、
Q&A形式の本となっております。

8074
一歩進んだ臨床のためのエンド治療Q&A
Evidence Based Endodontics
という本です。

昨年の10月20日に出版されていたのですが、
以前の本と出版日が近くて、ご紹介が遅れてしまいました。

地味な本ですし、派手にPRしているわけではないのですが、
研修医の先生や、根管治療を基礎から学びなおしたい先生には
好評をいただいております。

**********************************

最近はたまに、
海外に在住の方から根管治療の問い合わせをいただくことがございます。
すべての方にあてはまるわけではないのですが、
ご帰国の間で治療が終わることもございます。
対応できないこともございますので、
気になる方は、帰国前に
早めにご連絡いただけると幸いです。
対応できるかもしれませんので。

あっという間に今年も12分の1が終わってしまいましたが、
本年もよろしくお願い致します。

日本歯内療法学会 歯内療法専門医
坂上デンタルオフィス
坂上 斉

2017年1月5日(木)から診療開始いたします。

2017年は1月5日(木)午後より診療開始いたします。

年末年始は1週間程度お休みをいただきました。
皆様にはご迷惑をお掛け致しましたが、
1月5日(木)からよろしくお願い致します。

今年初めのご報告として、
歯科専門誌に私の記事が短いながらも掲載されました。

dsc01504

dsc01505

dsc01507
ちなみに、私の記事の前後をご執筆の先生方は、
知り合いの先生でした。
(前の記事は痛みの専門の先生がご執筆されており、
後ろの記事は以前、非常勤で勤務していた時にご一緒していた先生で、
入れ歯の上手な先生がご執筆されています。)
この号には、他のページでも知り合いの先生が多くご執筆されていて
非常に感慨深い号となりました。

今年の抱負としては、
ますます、治療に精進していきたいと思っております。
たまに記事などを書くかもしれませんが、
まずは根管治療をもっと向上していきたいと思います。
本年もよろしくお願い致します。

それから年末年始はロンドンに行ってまいりました。
dsc00245
上空からのロンドンです。
寒かったです。
写真のように雨や霜がふってました。
それから本年はもう少し、当ブログを更新しようと思います。

世田谷区二子玉川 坂上デンタルオフィス
根管治療専門医  坂上 斉

年末年始の開院日時

世田谷区二子玉川にて
根管治療を専門に開業しております、
坂上デンタルオフィスの坂上です。

今年の診療は12月26日(月)まででございます。
電話は27日(火)まで繋がります。
年始は1月5日(木)からです。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

本年もたくさんの患者さんに御来院いただきありがとうございました。
来年も何卒、よろしくお願い致します。

坂上デンタルオフィス
坂上 斉

第9回歯内療法症例検討会に参加してきました。

さる10月30日(日)は
クリニックをお休みして、
午後に第9回歯内療法症例検討会と
午前中に歯内療法症例検討会セミナーが
執り行われました。
私は今回は発表者というより
裏方でプログラムのお手伝いや、
症例発表の座長などを務めさせていただきました。
1030

今回も100名を超える先生方にご参加いただき
午前中は歯内療法(根管治療)で知っておくべき
基本的な項目に対するセミナーを行い、
午後は、様々な先生方に
歯内療法(根管治療)の症例をご発表頂きました。
大人数で歯内療法(根管治療)の症例を検討しあうという会はあまりなく、
色々な症例が拝見できるので非常に面白い会になっております。
dsc_2106

さらに今回の特別講演は
新潟大学教授の野杁先生でした。
ガッタパーチャ上のバイオフィルムについての研究が
非常に有名な先生です。
今回は時間が十分にあったので、
先生の研究のきっかけから研究の発展の様子まで
丁寧にお話しいただきました。
バイオフィルム形成後の細菌へ
有効な抗生剤についてもコメントがありました。
(臨床上でどのくらい有効かはまだ、わかりませんが。)

根管内という環境でも
バイオフィルムという形態で細菌が存在する可能性があるので、
やはり、根管内に細菌を持ち込むのは
危険であると改めて認識しました。
やはり開放状態で長く放置するのは良くないですね。

また、回を重ねるごとにセミナーも症例も
テーマが細部にわたってきており、
私自身も勉強になります。

次回は第10回の記念大会として
来年の3月19日(日)に秋葉原にて開催されることが
決定しております。
また、日曜日にお休みをいただくことになってしまい
申し訳ございません。
ご理解いただけたら幸いです。

坂上デンタルオフィス
坂上 斉

歯内療法症例検討会2017年春

先日3/19(日)には
秋葉原UDXにて歯内療法症例検討会が開催されました。
午前中のセミナーでは
私が40分程度講演させていただきました。

「閉塞根管の診断と対応」というタイトルでした。

根管治療の難症例と言われている、
「穿通しない根管」「石灰化した根管」などについて
臨床例を交えて、説明させていただきました。

僕は『あがって』しまうので、講演は得意ではありませんが、
若手の先生方に何か受け取ってもらえたらと思い、発表させていただきました。

本当は治療している方が、気持ち的にもよいのですが、
たまには講演もしないと、と思ってやっております。
クリニックを休診にしてしまい申し訳ございませんが、
ご容赦ください。

それから
クリニックの休診日ですが、
4月、5月は月曜日木曜日が休診日となります。
(木曜日は昭和大学の学生の指導に伺わせていただきます。)

変則的ですが、よろしくお願い致します。

世田谷区二子玉川の根管治療専門医
坂上デンタルオフィス
坂上 斉

// 全記事表示
  • 歯内療法症例検討会2017年春
  • 根管治療の経過
  • 2/25(土)は痛みの講習会に参加しました。
  • 4月5月の休診日について
  • 根管(根幹)治療の後に開けっ放しになっているのですが、治療は可能でしょうか?
  • 治療の経過(ウミの出口ができてしまった方)
  • 専門書の執筆
  • 2017年1月5日(木)から診療開始いたします。
  • 年末年始の開院日時
  • 第9回歯内療法症例検討会に参加してきました。
  • 第23回歯科医学会総会に参加してきました。
  • 10/23(日)、10/30(日)、11/6(日)は休診のお知らせ
  • 院長も執筆している専門書が発売されました。
  • 坂上デンタルオフィスお知らせ
  • 坂上デンタルオフィス休診日
  • 根管治療が終わったのに痛みが出てしまいました。根管治療が失敗したのでしょうか?
  • 坂上デンタルオフィス休診日
  • 根管治療が終わったのに痛みが出てしまいました。根管治療が失敗したのでしょうか?
  • 根管治療後に激痛を生じました。こんなことってありますか?
  • 根管治療の症例を一つ追加しました。
  • 日本歯科保存学会2016年春季学術大会part 2.
  • 日本歯科保存学会2016年春季学術大会
  • 坂上デンタルオフィス休診日のお知らせ
  • 30代男性:根管治療 患者様の声
  • 横浜駅西口歯科
  • 30代男性:根管治療 患者様の声
  • 根管治療とは・・・
  • 歯根端切除術の勉強会に行ってきました。
  • 春~spring~
  • 本日は大学にお手伝いに伺いました。
  • ゴールデンウィークの診療日について
  • 4月5月の診療日について
  • AAE2016の続き
  • AAE2016に参加させていただきました。
  • 今日で開業1年たちました。
  • 4月4日〜11日は休診させていただきます。
  • ご無沙汰しております。
  • 30代女性:根管治療 患者様の声
  • 前の通りが工事中です。
  • 歯科専門誌に記事を掲載して頂きました。
  • 30代女性:根管治療 患者様の声
  • 根管治療時に無菌的処置を行っていますか?
  • 初雪
  • 2016年 診療開始
  • 年末年始の休診日について
  • 根管治療した歯でもずっと使えますか?
  • 神経を取る薬には、副作用がないのでしょうか? 周囲の組織に悪影響がないか心配です。
  • かぶせものに穴をあけて再根管治療を行いました。その後、穴をふさいだ形跡がないのですが、このままでいいのでしょうか?
  • ご無沙汰しております(新しい器具『SAF』について)
  • スポーツと歯の関係から、少し関係のないこと。
  • 講演してきました。
  • 歯の変色について
  • 根管治療専門で開業して半年経ちました。
  • 以前、他院で根管治療をした歯が痛みます。根管治療が失敗したということでしょうか?
  • 根管治療には針のような器具を使うようですが、治療中は痛くないのでしょうか?
  • 神経を取るため歯を削りましたが、とても大きな穴があきました。そこまで削る必要があるのでしょうか?
  • 根管治療したにもかかわらず、咬むと痛みます。治療がうまくいかなかったのでしょうか?
  • 現在通院中なのですが、根の治療のために何度も通院するよう言われます。どうしてですか?
  • どうして歯の神経を取らなくてはいけないのですか?
  • 根管治療にはどのくらいの時間がかかりますか?また、通院は何回くらいする必要がありますか?
  • 以前、他院で根管治療をした歯が痛みます。根管治療が失敗したということでしょうか?
  • 根管治療には針のような器具を使うようですが、治療中は痛くないのでしょうか?
  • 神経を取るため歯を削りましたが、とても大きな穴があきました。そこまで削る必要があるのでしょうか?
  • 二子玉川 花火大会
  • 根管治療したにもかかわらず、咬むと痛みます。治療がうまくいかなかったのでしょうか?
  • どうして歯の神経を取らなくてはいけないのですか?
  • 根管治療にはどのくらいの時間がかかりますか?また、通院は何回くらいする必要がありますか?
  • 根管治療専門医としてのラバーダム防湿 part 2
  • 根管治療専門医としてのラバーダム防湿 part 1
  • 歯科保存学会報告 part 2
  • 歯科保存学会報告
  • 開院3か月
  • ZEISS Forum 2015
  • 50代女性:根管治療 患者様の声
  • 40代女性:根管治療 患者様の声
  • 治療の際の痛みはありますか?
  • 根管治療後に痛みが出る事はありますか?
  • 根管治療ってどのような治療ですか?
  • 50代女性:根管治療 患者様の声
  • 痛くない治療のために
  • 『歯の神経を抜く』ってなに? (ひどい虫歯の治療について)
  • 私の道具箱
  • Dr.Kim from The University of Pennsylvania.
  • 坂上 斉です。
  • ドクター紹介
  • 痛くない根管治療のさかうえデンタルオフィス 4月2日開院予定