TOPへ戻る

お知らせ

カテゴリ: 根管治療 Q&A

根管治療にはどのくらいの時間がかかりますか?また、通院は何回くらいする必要がありますか?

当院での根管治療は、診査・診断を丁寧に行い、マイクロスコープを使用して精密に治療を行いますので、一回の治療時間に1時間〜1時間半かけさせていただきます。

IMG_4182

当然、ラバーダムも使用致します。
治療回数としては通常、前歯ならば1〜2回、奥歯ならば3回程度で治療が終了いたします。

>> ラバーダムについて詳しくご覧になりたい方はこちら

もちろん患者様個々の歯によって多少、延長することはあります。
そのような場合でも、痛みや腫れの原因についてCT画像やマイクロスコープを用いて精密に診査、診断、処置を行います。

私は大学病院にて根管治療を主とし治療を行ってまいりました。
困難な症例になればなるほど、根管治療を専門に行ってきた知識と経験が生かし、様々な方法をご提案できると思います。

そのために治療回数が増えることはございますが、やみくもに治療を長引かせることはございません。

 

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療前のお悩み and tagged , , ,

治療の際の痛みはありますか?

先日、治療を行うために麻酔をしたところ、患者様から
「自費治療では麻酔の薬も違うの?」とご質問を頂きました。
当院では一般的な麻酔薬を使用しており、
どこの歯科医院にもあるような麻酔薬を使用しておりますので、
「いや、保険のものと一緒ですよ。」とお返事いたしました。
なぜそのような質問をされるのか、気になったので
「どうしてですか?」と伺ったところ、
「全然痛くなかったから、麻酔の薬も違うのかと思ったので。」
とのことでした。

このような患者様が、たまにいらっしゃいます。
自分としてはどの患者様も同じように麻酔をしております。
表面麻酔をして、そこに注射の麻酔をして麻酔の範囲を広げていき、
麻酔が十分効くように、量を増やしていきます。
もちろん、表面麻酔の種類や麻酔を始める場所、麻酔の注射をする
針の細さや麻酔液を注入するスピードなど、
少し注意点がございますが、自分として一番大きな違いは
麻酔にかける時間であろうと思います。

当院では処置に最低1時間かけさせていただいているので、
歯の麻酔にも十分時間が取れることができ、麻酔が効いている範囲に、
次の麻酔していくことができます。
そのために痛みが少なくできるのではないかと思っています。

それでも
正直に申し上げれば、やはりお痛みを感じさせてしまう
患者様もいらっしゃいます。
当院では、痛みに敏感な方は、十分に注意を払って
麻酔の注射をさせていただきますが、
それでも痛みを感じさせてしまう患者様もいらっしゃるかもしれません。
その際は申し訳ございません。
処置に痛みが伴う場合は、痛みの記憶を残してもらいたくないため
麻酔をさせていただくように説明させていただきます。
アレルギーなどで、どうしても駄目な方はおっしゃってください。
できる限り対応させていただきます。

最近は、どの歯科医院さまも
治療中の痛みに注意していらっしゃるようです。
昔に比べれば、歯科の麻酔がトラウマになってしまう患者様も
少なくなっているのではないかと思います。
それでも稀に、麻酔の注射がトラウマになっている
患者様もいらっしゃいます。

現在、当院では初診料無料にさせていただいております。
その際に、気になること、不安なことをおっしゃって頂けると幸いです。
できる限り対応させていただきます。

今回は、治療前の麻酔について書かせていただきました。
歯科治療に伴う痛みについては、色々な段階で
対応方法がありますが、それについてはまたの機会に。

私は治療に際して、痛みは少ないほうがよいと考えております。
(でもやはり、すべての患者様に完全に痛みのない治療は難しいです。)
より痛みなく治療できるように、これからも
精進してまいります。
今後もどうぞ、よろしくお願いいたします。

坂上デンタルオフィス
院長 坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療中のお悩み

根管治療後に痛みが出る事はありますか?

根管治療後には、一時的に痛みが強く出ることもあります。中には痛みが長く続いてし

まう方もいらっしゃいます。このような症状は適切に治療が行われている場合にも生じる

ことがありますが、不十分な根管治療によっても生じる場合があります。歯の中はご自身

では見ることはできませんので、不安に感じることと思います。そのような場合にも当院

にご相談いただければ、レントゲン写真やCT画像、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を

用いて診査し、現在の状態を丁寧にご説明させていただきます。治療後の状態が不安な方

も是非一度、ご相談ください。

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療後のお悩み and tagged

根管治療ってどのような治療ですか?

根管治療と言っても、多くの方にはわかりづらいかもしれません。

根管治療は、『神経の治療』や『根の治療』と言われるものです。‘根管’治療ではなく‘

根幹治療という誤植も多く見受けられます。歯を残すための‘根幹’となるという意味では

正しいのですが、歯の『根の管』を治療するという意味なので、根管治療となります。歯

根治療という言葉を用いることもあるようです。

治療対象となる症状としては、『噛むと痛い』『歯茎が腫れている』『歯茎から膿が出

る』などがあります。他にも『歯がしみる』『治療後に違和感がある』などの症状も治療

対象となります。しかし、これらの症状は歯周病や他の疾患でも生じることがあり、患者

さんご自身で判断することは困難と思われますので、気になる方はお気軽にご相談くださ

い。

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療前のお悩み

『歯の神経を抜く』ってなに? (ひどい虫歯の治療について)

歯医者さんで、「歯の神経を抜きます(取ります)!」と言われることがあるかもしれません。

歯のどこに神経があるのでしょうか?また、どのようなものなのでしょうか?

まず、歯の神経って何でしょうか。それを知るためには歯の解剖学的構造を知る必要があります。歯は外側からエナメル質、象牙質、歯髄となっています。

歯根の外側には歯根膜があり、歯と周りの骨をつないでいます。
歯の神経は歯髄の中にあります。には神経以外にも血管なども通っており血液、色々な細胞(免疫細胞など)が通っています。

歯は固くて血液などは流れていない感じがしますが、実は中に血液が流れています。

shinkei_01

『歯の神経を抜く』というのは、歯髄すべて、つまり歯の神経、血管、細胞などすべてを取り除くことです。
多くの場合、むし歯が深くなって痛み出して神経を抜く事になります。 shinkei_02

歯の神経、血管、細胞などを取ると、歯の中では免疫応答がなくなります。
免疫力が無くなった歯の内側は、そのままでは細菌が繁殖してしまいます。
細菌の繁殖を防ぐために、歯の内側を色々な器具を使いキレイにして、次に細菌が繁殖しないように緊密に詰めていきます。 shinkei_03

歯の歯髄(神経、血管、細胞など)が残っていれば、自身の免疫力により細菌は繁殖しにくくなっており、このような処置(根管治療)は必要ありません。
しかし、むし歯が深くまで進行していたり、歯髄が細くなって弱くなっていたりすると歯髄をとる必要が出てきます。
歯の状態によって神経を残せるか、取り除かなければならないかは変わってきます。
先生と相談のうえ、処置方針を決めていかれるのがよいと思います。

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療中のお悩み and tagged , ,