TOPへ戻る

お知らせ

カテゴリ: 根管治療

副院長の倉本先生の研究について

 副院長の倉本先生は、東京医科歯科大学大学院歯髄生物学分野(根管治療の分野)に所属し、歯学部附属病院にて根管治療を専門に診療を行っておりました。そのかたわら、4年半の間、研究も行っておりました。以下に、倉本先生ご自身によって書いてもらった研究の簡単な解説を掲載致します。よろしければご覧ください。

今回は私が大学で行っていた研究内容のお話をさせていただきます。

MTAという材料についてご存知でしょうか?

MTAとはMineral trioxide aggregateの略で、水と混ぜ合わせると固まる水硬性の歯科材料です。

歯内療法(根管治療)の領域において幅広く使われており、今まで歯を残すことが困難であったり、治療後の経過が不確かな状態の歯に使用したりすることで、歯を残すことを可能にする一助となっております。

しかし、MTAを使用すればどんな状態の歯でも残せるという訳ではありません。

歯内療法(根管治療)の基本は感染の除去、再感染の防止です。感染の除去が疎かな歯にMTAを使用しても、治療後の経過を担保することは難しいです。

MTA自体が感染を取り除いてくれる訳ではなく、感染を除去した後の“封鎖”を目的に使用されます。

私は大学でこのMTAという材料の生物学的特性に関する研究をしてきました。

MTAはその良好な臨床成績から組織の炎症に対しても効果を発揮すると言われてきましたが、これまでに発表されている論文では“炎症を抑制する”という報告や逆に“炎症を惹起する”という報告が数多く見られます。

私は生体の免疫の主要な担い手の一つであるマクロファージという細胞に着目し、MTAの抗炎症効果について検討してきました。

マクロファージは細菌から刺激などを受けると周囲の細胞にその情報を伝え、その細菌に対する防御網を形成し、その結果周囲の組織は“炎症”という状態になります。

細菌等の感染を除去した後でも、その炎症が持続していると周囲の組織は治癒には転じてくれません。

私の研究からMTAは細菌の刺激を受けたマクロファージから放出される炎症誘発物質を抑制するという結果を得ることができ、更に抑制されるまでのマクロファージ細胞内の伝達機構の一端を発見することが出来ました。この研究結果はイギリスとヨーロッパの歯内療法専門雑誌に掲載されています。

この発見はすぐに臨床に直結することではありませんが、将来的により良い新しい材料を開発する際などに役立てることができると信じております。

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ

神経を取り除くことについて

よく患者さんから「虫歯が神経に達するギリギリのところでおさまっていた場合でも神経を取り除かないといけないのでしょうか?」と聞かれます。

 歯の中には神経や血管などが通っている『歯髄』と呼ばれる部分があります。よく深いむし歯の治療では、「神経をとる」などと言われますが、実際には「神経や血管の通っている『歯髄』をとる」ということになります。深いむし歯でも歯髄の状態が良ければ、歯髄を残して治療できる場合がありますし、歯髄の状態が悪い場合には歯髄を取り除く処置が必要になることもあります。

 しかし、ここで問題なのが現代でも、歯髄の状態を正確に診査する方法がない!ということです。今の科学の力でも処置前に歯髄の状態を正確に診査し、歯髄が残せるか残せないかを100%で診断することはできません。

 むし歯はどのくらいの大きさか、冷たいものがしみるか、どんな感じでしみるのか、温かいものではどうか、歯を叩いてみたときはどうか、歯肉の状態はどうか、お口の中を細かく見て、レントゲンなどを撮影し判断します。その際に、冷たいものを押し当てたり、逆に温かいものを押し当てたり、弱い電気を流したりして歯髄の状態を探ることもあります。

 そのようにしてある程度予測をたてて、むし歯を取っていきますが、治療を始めて歯髄に近くならないと、歯髄が残せるかどうか、分からないことも多くあります。また、処置時は歯髄を残せると判断しても、後の経過をみていくと、やはり歯髄を取らなければならないことも多くあります。

 このように歯髄を残す治療は「不確実性」があります。

 当院では処置前に、歯髄が残せそうか、残せなそうか、ある程度予測し患者さんと相談してから処置を開始します。また、歯髄を残そうとしても、やはり後日、歯髄を取る処置が必要になる可能性があることもお話しし、ご了解をいただいてから処置を開始致します。うまくいく!と気楽に始めると、うまくいかない時に困ってしまうので。

 このように神経を残す処置には不確実性が、ある程度、存在します。逆に神経を取る処置は非常に高い成功率が世界的にも報告されております。それでも歯の寿命を考えると、歯髄が残せたらよいな、と思います。判断に迷うようなケースもありますが、色々な診査を行い、科学的に考え歯髄の状態を予測し、処置方針を決めていけたらと思います。

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:むし歯治療, 根管治療, 根管治療 Q&A, 根管治療前のお悩み

当院での根管治療(7)

世田谷区二子玉川にて
根管治療を専門に開院しております、
坂上デンタルオフィスの坂上斉です。

お久しぶりになりますが、
当院で行った根管治療の経過です。前回の症例の経過報告は調べたら3年ぶりでした。間が空いてしまってすみません。

他のクリニックで左下の奥歯の根管治療を行っていたようですが、なかなか治らないため、当院にご紹介いただいた患者さんです。

奥から2番目の歯 (白い壁が作ってある歯) の歯ぐきからウミが出ています。
ウミの出口からレントゲンで映る棒を入れて、レントゲン写真をとると、

レントゲンに写っている歯の1番右の歯の根の先が黒くなっており、
ウミの出口から入れた棒も1番右の歯の根の先に向かっています。1番右の歯の根の治療は行われておりません。かぶせものの下にむし歯もありそうです。

ウミの出口は奥から2番目の歯でしたが、ウミの原因の歯は1番奥の歯であると診断しました。
治療が長引くと「治療しても治らないの?抜かないとダメ?」と
不安になると思いますが、
診査、診断からもう一度やりなおすことにより改善することもあります。

今回は2番目の歯ではなく、1番奥の歯が原因と診断しなおし、根管治療をしました。

ウミの出口も治りました。この時、奥から2番目の歯の治療は行っておりません。

現在は、治療後6か月以上経っておりますが、ウミの出口も再発しておりません。かぶせものは紹介元の先生にお願いしております。

1番奥の歯の治療後、奥から2番目の歯の根管治療もご依頼いただき、
両方の歯の根管治療を行っております。

根管治療後6か月経ち、根の先の黒い影(骨が溶けている部分)も改善してきているようです。

すべての歯が治るわけではありませんが、
ご心配の方、治療が長引いている方は一度、
ご連絡いただければ、
お手伝いできることがあるかもしれません。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 症例, 院長ブログ

副院長の診察が始まります

坂上デンタルオフィス院長の坂上斉です。

 院長はただいま、昭和大学での学生実習に兼任講師として参加しており、木曜日を休診日としております。 診療日が減ってしまい、申し訳ございません。

 また、10月以降の月曜日に、副院長の診察を開始致します。

 副院長も根管治療(歯内療法)を専門に研鑽を積んでおり、東京医科歯科大学大学院歯髄生物学分野を修了致します。 日本歯内療法学会専門医の資格も申請中です。 月曜日限定となりますが、院長の診察よりも早く開始できる状態です。 自費の根管治療(歯内療法)となりますが、費用は取り組みやすくなっております。 使用する機材(CT、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)、ニッケルチタンファイル、ニッケルチタン用ハンドピース、もちろんラバーダムも)は院長と全く同じものです。 同じように診査、問診に時間をかけ、丁寧な治療を行ってまいります。

 副院長の診察開始に際し、根管治療(歯内療法)への知識、技術、取り組む熱意、など確認し、十分であると判断致しました。 副院長の診察もご検討いただけたら幸いです。 診察をご希望の際は、電話にてお問い合わせください。

坂上デンタルオフィス 

日本歯内療法学会専門医  坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:お知らせ, 根管治療, 院長ブログ

本年も大変お世話になりました。

世田谷区二子玉川にて根管治療を専門に開業しております、
坂上デンタルオフィスの坂上 斉です。

本年も様々な患者さんにご来院いただきました。
ありがとうございました。

私たちがお役に立てた患者さんも
お役に立てなかった患者さんも
ご来院いただき感謝しております。

お役に立てなかった患者さんの中には
「歯の根が既に折れていた患者さん」や
「歯周病の問題の患者さん」、
「根の先の炎症以外で痛くなってしまった患者さん」などが
いらっしゃいます。

私のクリニックですべて解決できれば良いのですが、
私の力だけでは解決できない問題もあります。
その様な状態が、処置前から予想できる場合には、
その旨を、なるべく分かりやすくお伝えするように
務めております。

私のクリニックで解決できる問題か?
私のクリニックでは解決できない問題か?
本当に歯が割れてしまったいるのか?
等は患者さんご自身では判断できないと思いますので、
ご来院いただければ、診査し、コメントさせていただきます。

また、当院での処置を強く希望されてご来院いただいても、
私のクリニックでは対応できない問題の場合には、
処置前に他のクリニックを紹介させていただいたり、
処置後に他のクリニックへの紹介が必要となる可能性について、
説明させていただきます。
冷たいように感じてしまうこともあるかもしれませんが、
治療後に予想できる問題については
あらかじめお伝えしておきたいと考えております。

もちろん予想できない問題が起きてしまうこともあるのですが、
そのような問題の発生を
なるべく少なくしていきたいのです。
もちろん100%予測通りにいくわけではないのですが。

高額な治療になりますので、
処置をしたからには、
なるべく患者さんにご満足いただけるように
努力してまいります。

まだまだ、いたらない点があると思います。
技術的な面や知識的な面も常に向上していきたいですし、
治療機器や材料の進化にも注意をはらう必要があります。
また、受付や電話での対応も改善の余地があろうかと思います。

少しづつですが、
改善、改良、向上して参りますので、
今後もよろしくお願い致します。

 

最後に
当院での治療の経過を一つ。
今年、ブログに上げさせていただいた症例は、
7症例目となりました。
治療させていただいた患者の皆さん、
ありがとうございました。

処置前

根管充填後

6か月後

この患者さんの場合は、
処置後、経過をみさせていただき、
根の先の黒いカゲ(炎症によって骨が溶けている部分)
が改善してまいりました。
根の先の黒いカゲは改善に6か月以上かかる場合もございます。
この患者さんの場合は非常にうまくいって、
黒いカゲが無くなり、歯を残すことができました。

来年もこのような患者さんが増えてくれるよう、
努力してまいります。
本年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ

当院での根管治療(6)

世田谷区二子玉川にて
根管治療を専門に開院しております、
坂上デンタルオフィスの坂上斉です。

久しぶりになりますが、
当院で行った根管治療の経過です。

右下の奥歯の歯ぐきが腫れた!とのことでご来院いただきました。

右下の銀色のかぶせ物の部分の歯ぐきが腫れています。
レントゲン写真をとると、

レントゲンに写っている歯の一番左の歯の根の先が黒くなっており、
骨が無くなっています。根の治療も不十分です。

腫れがひどいと
「歯を抜かないとダメかも?」と
不安になると思いますが、
今回は根管治療を行うことにより

歯ぐきの腫れもおさまりました。

治療後3か月で、根の先の黒い部分も改善しています。

歯ぐきの腫れがあっても
根の治療(根管治療)を行うことにより、
歯を残せる場合があります。

すべての歯が治るわけではありませんが、
ご心配の方は一度、
ご連絡いただければ、
お手伝いできることがあるかもしれません。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ

9月23日はプライベートセミナー

世田谷区二子玉川にて
根管治療を専門に開業しております、
坂上デンタルオフィスの坂上斉です。

9月23日(祝・土)は一日かけて
友人の先生からご依頼を受けたので、
根管治療のプライベートセミナーを行いました。

根管治療の基本的なお話から始まり、
根管治療の各ステップでの要点を説明した後、
模型を用いたラバーダム実習を行いました。

 

 

一般的なセミナーでは、
根管治療の How to をお話しすることが多いのですが、
この勉強会の主催者から、
「是非、ラバーダムの実習を詳しく!」
とご依頼いただいたので、色々、お話と実習を組んでみました。

今回参加された先生方は、
普段からラバーダムを使用している先生方だったので
やりがいもありました。
いままで知らなかったテクニックがあったようなので、
少しはお役に立てたのかな、と思っております。

土曜日、日曜日の講演は
9月23日で年内は終了ですので、
通常通り土日も開院の診療体制となっております。
それでも予約がとりにくくなっており、
迷惑をお掛けしてすみません。
ご了解の程、よろしくお願い致します。

 

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 講演会, 院長ブログ

9月は講演がたくさん

東京都世田谷区にて根管治療を専門に開業しております、
坂上デンタルオフィスの坂上です。

9月17日から18日にかけて、
私が所属している歯科の勉強会の合宿が
愛媛県松山市にて行われました。

10時から19時過ぎまでみっちり勉強させていただきました。

この会は私が専門としている、
「根管治療」以外を専門とする先生が多数参加しており、
根管治療以外のトピック
(インプラント、歯科矯正、かぶせ物、歯周病など)について
勉強することができました。

私も発表させていただき、
今回は、歯の根の問題を手術によって治す、
「歯根端切除術」についてお話しさせていただきました。
この手術は、マイクロスコープを用いる以前から行われていたのですが、
マイクロスコープを用いて、適切に行うことにより
以前よりも格段に成功率が上がった手術方法です。
勉強会参加のメンバーは皆、歯科医師ですので、
大体の術式は知っているのですが、
細かい勘所は何度も行っていないと分からないものですので、
勘所や気を付けるべき点などについて
お話しさせていただきました。

その後は道後温泉に行ったのですが、
そこでも歯の話をしていたような気がします。

年に一度の合宿なので、
皆、思い思いに歯科について語らいました。
来年もあれば参加したいと思います。

患者さんには
土日の診療日が少なくなってしまい、
申し訳ございません。

10月は通常通り
土曜日、日曜日も診療しております。
根管治療でお困りの方は
ご連絡ください。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 講演会, 院長ブログ

9/10(日)は医局のOB会にてプレゼンさせていただきました。

世田谷区二子玉川にて
根管治療を専門に開業しております、
坂上デンタルオフィスの坂上斉です。

9/10(日)は東京医科歯科大学にて
東京医科歯科大学歯髄生物学分野のOBの勉強会が
開催されました。
私も医局の先輩から発表の機会をいただきましたので、
マイクロスコープを用いた処置時の動画管理、患者さんへの説明について
お話しさせていただきました。

治療とは直接関係ないお話ですが、
記録として残していく動画のクオリティーが上がることによって、
治療を見返したときに、処置時には気づかなかったことに気が付き、
結果として治療のクオリティーが上がると思うので、
私は、動画もなるべく見やすく、キレイに保存したいと
考えております。

患者さんへの説明の仕方も、
少しづつ変わってきております。
以前は、マイクロスコープの画像を
ハンディーカムで録画し、ハンディーカムで再生して、
処置後に説明しておりました。
現在は、ミラーレス一眼レフカメラで撮影した動画を、
パソコンに取り込んで、記録、再生して、
処置を説明しております。

多分、だれもお気づきでないと思いますが、
治療方法や周辺環境を少しづつチューンアップして、
わずかでも進歩できるように、日々取り組んでおります。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 講演会, 院長ブログ

当院での根管治療(5)

世田谷区二子玉川にて
根管治療を専門に開業しております
坂上デンタルオフィスの坂上 斉です。

今回は前歯の根の治療が終了した患者さんの経過報告です。

左から2番目の歯の根の先に黒いカゲがあります。
根の先で炎症が起こっているようです。

炎症の原因は根管の中の細菌なのですが、
お近くの歯医者さんでは、
「根管が見つからない!」
とのことで来院いただきました。

レントゲンで見ると
確かに根管は細くなっております。
また、少し違うところを削ってしまっているようです。

根管が細くなっていても、
解剖学的な形態や
根管をマイクロスコープで確認し、
色の違いなどを見ながら削っていくと、
正しい根管を見つけだすことができます。

正しい根管を見つけたら、
キレイにお掃除して詰めていきます。

正しい根管の根の先まできちんと詰まっています。

そして3か月経過した後のレントゲン写真です。

根の先の黒いカゲが小さくなっています。
このまま順調に治ってくれるとよいですね。

 

***** お知らせです *****

4月と5月は木曜日が休診日でしたが、
6月の2週目以降は通常通り
月曜日と水曜日が休診日となります。
ご迷惑をお掛けしてすみません。
よろしくお願い致します。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 歯内療法専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ