TOPへ戻る

根管治療の流れ

根管治療専門医による安心の治療

来院から治療終了まで丁寧な対応を心がけております。

来院から治療終了まで流れについて

① 問診表の記入

現在の状態を問診表にご記入下さい。

② カウンセリング

お口の中を拝見させていただく前に、現在の症状、お困りのことをお聞きします。
治療に不安のある方はその際におっしゃって下さい。

③ 精密検査

その後に、お口の中を拝見させていただき歯の状態を精密に診査し、レントゲン写真を撮影致します。
それらから得られた情報を元に、診断名をつけ、治療方法について相談させていただきます。

④ 治療方針の決定 ⇒ 治療開始

複数の治療方法が考えられる場合はいくつか提示致しますので納得いくまでご相談下さい。
治療方法が決定したら、治療の開始です。

実際に行う治療について

動画で見る根管治療の流れ

① 根管長の測定

神経を取り除き、根管の長さを正確に測定します。

② 根管の掃除

根管の中の汚れ、むし歯菌に侵された象牙質などを完全に取り除きます。

③ 薬剤による消毒・殺菌

根管の汚れを完全に取り除いた後、むし歯菌が残らないよう消毒します。

④ 根管充填

根管の消毒後、薬剤を根の先端まで隙間なく詰めて密閉します。

⑤ 歯根に土台を入れ、クラウン(被せ物)をする

歯根の上に土台を入れ、クラウン(被せ物)を被せて治療が完了します。

 

ラバーダムを利用した治療

根管治療に際しては、ラバーダムを用います。根管治療は細菌との戦いです。
治療中に細菌が根管に入ってくるのを防ぐためラバーダムは必須です。
さらにラバーダムはミラーの曇りを防ぎ、使用する薬液が口に漏れるのを防いでくれます。
ラバーダムにもいくつか方法があり、様々な装置(ラバーを留める器具)を用いてラバーダムを行って参ります。不快な場合はご相談下さい。可能な限り対応させていただきます。

マイクロスコープによる治療

ここからマイクロスコープを用いて、歯の外から中、根管を観察していきます。ここで、歯にひびが入っていないか、穴があいていないか、根管はいくつあるか、などを調べていきます。その後にマイクロスコープで見ながら歯を削ったり、汚れを取ったりしていきます。ここではニッケルチタンファイル、超音波チップ、マイクロエキスカ、などを用います。どれも非常に細かく精密な器具です。きれいにする過程で、洗浄液も用います。これによって根管内の細菌の数を著しく減少させていきます。

根管をきれいにすることによって、痛みや腫れなどの症状は改善する場合が多いです。症状が改善しない場合はさらに診査し、掃除が足りない部分をきれいにしていきます。根管がきれいになったら、根管を詰めていきます。このとき、根管は三次元的に広がっているので、隅々まで詰めていくために特別な器具を用います。隙間なく詰めていくことによって、長く使っていける歯にしてきます。

⑤ 治療終了

その後、レントゲン撮影を行い、歯の状態を確認して根管治療は終了です。
根管治療後は、歯をかぶせたり、詰めものをしたりして歯として使っていけるようにします。この部分の治療は他院にて行ってもらうこともあります。

根管治療の際の治療費について

詳しくはこちら

 

症例紹介

根管治療例 ①
大臼歯 インプラントに隣接した歯に対して根の治療を行い、抜歯が回避できた症例

治療前 治療後
術前レントゲン写真 根管充填後1年9か月レントゲン写真
治療内容について

患者さんは近くの歯医者さんで「悪い歯を抜いてインプラントにします」と言われたそうです。
一番奥の歯はきれいな被せものが被っていますが、歯ぐきが腫れています。ウミの出口のようなものもあります。
レントゲン写真で見ても、根の先に黒い影があります(青い矢印)。この部分は骨が溶けているので、黒く透けて見えます。一本手前の歯はインプラントでした。この歯も抜いてインプラントにした方がよいのでしょうか。インプラント治療はよい選択肢だと思いますが、今回は患者さんと相談し、歯の根の治療により改善する見込みが少しあるかもしれないと判断して、処置を開始しました。

根の治療の流れを詳しく見る

根管治療例 ②
「右上の奥歯がしみる」とのことで来院された患者様

治療前 治療後
治療内容について

右上の奥から2番目の歯は神経を取る治療が行われていました。
歯がしみる感覚は、多くの場合、神経が生きている歯に生じますので、 診査した結果、しみる原因は一番奥の歯だったようです。 奥から2番目の歯は神経の治療続きを行い、一番奥の歯は神経を取る治療を行った結果、 症状が改善しましたので、2本とも根管を詰めました。 一番奥の歯は稀な根管の形態をしておりましたが、良好に詰めることができました。

坂上デンタルオフィス5つの特徴

根管治療専門医による安心の治療をご提供致します。

根管治療専門医院 坂上デンタルオフィスでは"最低1時間"治療時間をとり"マイクロスコープ"を使用した的確な治療をお約束致します。
患者様ご自身の歯は、それぞれ特別なものです。1歯1歯を誠心誠意治療させて頂きます。
中には治療が困難な歯もあるかもしれませんが、その際にもマイクロスコープやCT画像を用いて丁寧に診査を行い、現状をご説明の上で最適な治療法をご提案させていただきます。
「痛みがなかなか治らない」「腫れがひかない」などでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 

治療費について

下記金額は税別となっており、別途消費税が加算されます。
初診料(レントゲン・CT撮影・投薬等を含む)
10,000円
再診料
3,000円

根管治療 料金表

前歯
80,000円
小臼歯
110,000円
大臼歯
140,000円
難治症例
穿孔封鎖
20,000円
 破折器具除去
30,000円
ポスト除去
10,000円
歯根端切除術
前歯
120,000円
小臼歯
150,000円
大臼歯
180,000円
MI修復(コンポジットレジン修復)
1面
35,000円
複数面
50,000円
歯髄保存処置
30,000円
その他
ファイバーポスト
30,000円
テンポラリークラウン
8,000円
漂白
20,000円

治療に伴うリスク

腫れが出る場合には、意図的再植術を行うことがあります。