TOPへ戻る

治療例

大臼歯 インプラントに隣接した歯に対して根の治療を行い、抜歯が回避できた症例

左下の一番奥の歯の根の治療をした経過をご報告させていただきます。
患者さんは近くの歯医者さんで「悪い歯を抜いてインプラントにします」と言われたそうです。一番奥の歯はきれいな被せものが被っていますが、歯ぐきが腫れています。ウミの出口のようなものもあります(緑の矢印)。

レントゲン写真で見ても、根の先に黒い影があります(青い矢印)。この部分は骨が溶けているので、黒く透けて見えます。一本手前の歯はインプラントでした。この歯も抜いてインプラントにした方がよいのでしょうか。インプラント治療はよい選択肢だと思いますが、今回は患者さんと相談し、歯の根の治療により改善する見込みが少しあるかもしれないと判断して、処置を開始しました。

 被せものを外し、土台を外すと根の中に詰まっているものが見えてきます。この歯は根の管の形が、“C”の字のようになっているようです。もちろん、唾液などによって感染させては意味がないのでラバーダムをしています。

根の中をキレイにしていくと、次回には腫れは無くなって、ウミの出口は治ってきました(黄色い矢印)。治っていく過程は人によって違いますが、今回は早く治ってくれたようです。

古い詰め物をとって十分洗浄しました。根の中もキレイそうです。

キレイにした後に、歯の根の中を緊密に詰めていきます。詰めた後はレントゲン写真を撮ってきちんと詰まっているか、確認します。

歯の根を詰めた直後は、根の先に黒い影が残っています。(もちろん、歯ぐきの腫れやウミの出口は治っています。)この黒い影は半年から1年(長ければもっと)かかって治っていきます。

新しい被せものは私以外の先生にお願いしました。その後も歯ぐきが腫れたりウミが出たりはせず、良好に経過したようです。
1年9か月後、当院で経過を拝見させていただいたところ、

黒い影が小さくなっているようです!(赤い矢印)。もちろんこの間、腫れもなく普通に食事できたとのことです。このまま経過をみていけばキレイに骨ができてきて黒い影が無くなってくれるかもしれません。その間も普段通りに生活して頂いて大丈夫です。
今回の根の治療回数は3回でした。根管治療自体の処置は短期で済む場合もあります。

治療前 治療後
術前レントゲン写真 根管充填後1年9か月レントゲン写真

今回はたまたま、うまく治ってくれました。歯ぐきが腫れてしまった歯もきちんと歯の根の治療をすることにより、また使えるようになり、ご自身の歯で咬めるようになることもあります。インプラントもよい選択肢だと思いますが、うまくいけば、ご自身の歯で咬めるようになることも非常によいと思いますよ。

費用の目安(根の治療について)

初診料+再診料(回数ごと)+根管治療費(大臼歯)

治療回数(根の治療について)

3回〜4回

根管治療 専門医院:坂上デンタルクリニック5つの特徴