TOPへ戻る

根管治療について

根管治療について

根管治療とは

根管治療は抜歯を避けて自分の歯を残せる治療方法

通常、すべての歯の中には一般的に「神経」と呼ばれている「歯髄」が存在します。
もし、歯髄に外傷や炎症、感染などが起こると、痛みを取る、または歯の周囲の骨への感染を防ぐ為、歯髄を除去しなければなりません。
この作業のことを「根管治療」といいます。

むし歯が歯髄(歯の神経)まで進行(C3以上)した場合や、
根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。

むし歯の状態と治療法について

むし歯が悪化すると根管内の歯髄や血管まで細菌に冒され、そのままにすると抜歯せざるをえなくなりますが、感染した歯髄や血管を除去して消毒すれば、歯を抜かずに済みます。
この処置が「根管治療」です。

動画で見る根管治療の流れ

当院では電動麻酔を利用した痛みの少ない根管治療を行っております

根管治療の目的

『歯の土台となる部分を整備する治療』⇒ 精度の低い根管治療では歯は長持ちしない

どんなに立派な家を建てても、土台がしっかりしていないと長持ちしないのと同じです。
適切な根管治療を行うことは、ご自身の歯をいつまでも使い続けるためには必要な治療です。

丁寧な治療で抜歯リスクを軽減する

根管内の細菌を一掃して再び感染しないように努める治療です。
根の病気は根管が細菌に感染することで起こります。感染は抜髄のときの神経の取り残しだったり、治療時に汚染した器具を使用されていたり、むし歯の取り残しがありそこから感染したり、銀歯の隙間からの唾液や、新たな二次むし歯だったりなど様々な要因があります。

出来るだけ抜かない歯を残す治療について

根管治療の種類

歯髄(歯の神経)を取り除いて消毒を行う「抜髄(ばつずい)処置」と、細菌に感染した根管を治療する「感染根管処置」の2種類があり、それぞれ治療目的が異なります。

抜髄処置

抜髄とは歯の神経を抜くことです。歯の中にある神経を歯髄(しずい)といい、歯の中の空洞、歯髄腔(しずいくう)の中にあります。
この歯髄腔の中には血管や神経が入っていて、この中の神経などを抜くことを抜髄といいます。
歯髄の先は象牙質に入り込んでおり、歯を再生させたり、歯の異常を伝えてくれたり、歯の強度を保ってくれたりしてくれます。

歯の神経を抜くってどうゆうこと??

感染根管処置

歯髄が細菌により汚染されますと、根尖孔周囲の歯根膜や歯槽骨に細菌感染に由来する炎症性変化が波及し、やがてレントゲン上で確認できる病巣(不良肉芽組織)ができます。
これらの治療は、抜髄処置と同様に根管内汚染物質を針のようなリーマとファイルによって完全に取り除くことです。
高度な技術を要しますが、適切な感染根管治療によって、根尖部の肉芽組織は、改善され線維化が進み、一旦は肉芽化された歯槽骨が再生されて明瞭な骨梁がレントゲン上で確認できるようになります。

根管治療が必要な状態・症状

□ 冷たいものや熱いものを口にすると痛みがある
□ 特に何もしていないのに痛みがある
□ 歯を合わせた時に痛みがある
□ 歯ぐきが腫れ押すと痛みがある

上記のような症状は、むし歯が進行して神経の近くまできているときに起こります。
もし神経まで達してしまっていた場合、根管治療をせずに放置すると抜歯の可能性があります。
このような違和感があった場合、根管治療専門の坂上デンタルオフィスにご相談下さい。

むし歯が進行していて歯髄にむし歯が達している場合

歯髄炎

冷たい物がしみる、温かい物がしみる、などの症状から始まり、炎症が進むと、じっとしていても痛い、夜寝るときに痛い、などの症状が出ることもあります。症状が強い場合は、お口全体が痛い感じになり、痛い歯が判断できないほどの激痛となる場合があります。
原因としては、むし歯が進行することによって引き起こされることがほとんどですが、歯を打ち付けた時や、歯にひびが入ったときにも同じような症状を呈することがあります。

症状
  • 何もしなくてもズキズキする。
  • 冷たい水や、温かい飲み物などで、猛烈な痛みの出現。
  • 入浴や、就寝時などに、痛みが増す。

 

重度のむし歯、重度の歯周病、重度の知覚過症、外傷などで歯髄が死んでしまった場合

根尖性歯周炎

歯の根の中の歯髄が完全に壊死してしまい、炎症が歯の根の尖端まで到達し、周りの骨にまで炎症が波及している状態。
もしくは、根管治療済み歯であるが、被せものや根充材の隙間から根の先まで細菌が到達し、骨にまで炎症が波及している状態。

症状
  • 噛むと痛い。違和感がある。
  • 歯ぐきが腫れる。
  • 歯ぐきにニキビのようなおできがよくできる。

根管治療について

根管治療の流れ

根管治療の流れを見る

当院の根管治療の特徴

当院の根管治療の特徴を見る

根管治療の重要性

根管治療の重要性を見る