TOPへ戻る

根管治療の重要性

根管治療の重要性

悪化したむし歯を抜歯せず、残すために行う根管治療

根管治療は、むし歯治療を行っている歯科医院ならほとんどで行われている治療法です。
ただし、非常に難易度が高く、必ず成功するとは言い切れません。

根管治療専門医院が必要な3つの理由

① 治療の際に肉眼で確認することが難しい

根管の内部は細く、複雑に入り組んでいるため肉眼では確認をすることが難しいです。
そのため、ほとんどの歯科医院では医師の経験と勘を頼りに処置しており、失敗するリスクも少なからずあります。

② 患者さんごとに異なる複雑な根管形状

根管の形状は複雑で個人差が大きく、複数の症例を経験したからといって、他の症例も同じように治療できるとは限りません。患者さんごとに根管の形状を正確に把握しないことには精度の高い治療は困難です。

③ 肉眼では困難な細菌の除去

根管内に入り込んだ細菌を完全に除去しなければ、せっかく治療をしても症状が再発してしまうリスクがあります。しかし、肉眼では見えない細菌を確実に除去するのは困難です。

上記観点から根管治療を安全・確実に行うためには、専門医院が必要不可欠です。

 

根管治療は歯の寿命につながる治療の一つです。

そのため、歯の寿命を延ばし、インプラント入れ歯にならないでより良い咬み合わせを長く保つようにするためにも、高精度の根管治療が必要なのです。

なぜ根管治療が重要になのか?

根管は建物で言えば基礎にあたるもの。健康で長持ちさせるためには適切な治療を行う必要があります。根管治療がしっかりされていないと、高価な被せ物でどんなに修復しても後々に根の先端が化膿し、痛みが出ることもあります。結果、歯を失ってしまったり、 再治療が必要になってしまいます。
抜歯・再治療をさけるため、歯髄(歯の神経)を除去する際には、将来的に病変ができないように、また、すでに病変ができてしまっている歯であれば、その病変を治すために、丁寧に適切な根管治療を行う必要があります。

最新治療機器・治療実績豊富な専門医による当院の精密根管治療

最新の治療機器を利用した診査・診断を行います。

患者さんの現在の状況をきちんと把握し、最適な治療方法をご提案致します。
CTによる精密診断

根管治療の症例を見る

最新の治療機器を利用し根管治療実績豊富なドクターが患者さんの治療を行います。
マイクロスコープを用いた精密治療

医療機器について詳しく見る

 

治療費について

下記金額は税別となっており、別途消費税が加算されます。
初診料(レントゲン・CT撮影・投薬等を含む)
10,000円
再診料
3,000円

根管治療 料金表

前歯
50,000〜80,000円
小臼歯
60,000〜110,000円
大臼歯
80,000〜140,000円
難治症例
穿孔封鎖
10,000〜20,000円
 破折器具除去
15,000〜30,000円
ポスト除去
5,000〜10,000円
歯根端切除術
前歯
80,000〜120,000円
小臼歯
100,000〜150,000円
大臼歯
120,000〜180,000円
MI修復(コンポジットレジン修復)
1面
20,000〜35,000円
複数面
30,000〜50,000円
歯髄保存処置
15,000〜30,000円
その他
ファイバーポスト
15,000〜30,000円
テンポラリークラウン
4,000〜8,000円
漂白
10,000〜20,000円

治療に伴うリスク

根管治療することにより治療の影響で一時的に痛みが強くなることがあります。