TOPへ戻る

治療例

他医院で抜歯と診断されたが抜歯を回避できた症例

来院の経緯

歯ぐきが腫れてきたため、近くの歯医者さんに行ったところ、「歯を抜くしかない」と言われ、歯を残したいとのことで根管治療専門の当院にご来院頂きました。

初診時には、左下の6番目の歯は外側に、7番目の歯は内側に、腫れやウミの出口がありました。さらに6番目の歯には根管治療で用いる器具が残っておりました(レントゲン写真①)。当院でも難しい処置となり、抜歯となる可能性もありましたが、患者さんと相談し歯を残す方法を試みることとしました。

まずは、左下6番目の根管治療を開始し、運よく、残っている器具を取り出すことができました(レントゲン写真②)。根の中をキレイにし根の中を詰めていきました。その後、左下7番目の根管治療も行い詰めていきました(レントゲン写真③)。

土台を入れ仮歯にて経過をみていき、3か月後にレントゲン写真を撮影しました(レントゲン写真④)。

レントゲン写真①の時にあった根の先の黒い部分(骨が溶けている部分)が、レントゲン写真③では改善してきているようです。特に7番目の歯は非常に早く治ってきておりました。

お口の中の写真においても、腫れやウミの出口が改善しているのが確認できます。

 同じような症状の方でも治りが悪いこともありますが、今回はたまたま、非常にうまくいきました。これからはお口の清掃をしっかりして、長く歯を使っていただきたいと思っております。

レントゲン写真

①術前 ②破折器具除去後
③根管充填後 ④根管充填後3か月

 

口腔内写真

術前 舌側 術後 舌側
術前 頬側 術後 頬側

 

金額 根管治療(大臼歯) 140,000円 + 破折器具除去 30,000円
※ 価格はすべて税抜きとなります。
治療回数 3回
リスク 腫れが出る場合には、歯根端切除術を行うことがあります。

根管治療 専門医院:坂上デンタルクリニック5つの特徴