TOPへ戻る

お知らせ

タグアーカイブ: 歯の神経を抜く

神経を取るため歯を削りましたが、とても大きな穴があきました。そこまで削る必要があるのでしょうか?

歯の神経をとる治療(抜髄)や感染した根の治療(感染根管治療)においては、歯を大きく削る場合もあります(むし歯はとりきらなければなりません)。

また、かぶせ物や詰め物をとることもあります。
そのような場合、ご自身の歯を削ってかぶせているため、かぶせ物をとった後は歯がほとんど残っていないこともあります。

従って、神経をとるために大きな穴があくこともあり得ます。
しかし、ご自身の歯をなるべく残すことによって、その後の治療法が変わる場合があります。

当院では、歯の解剖に精通した専門医がマイクロスコープを用いて根管治療を行います。つまり必要最低限の切削で治療を行っていきます。

結果として多くの歯を削る必要が出てくる場合もありますが、最初の治療においては、なるべく歯を残すことを心がけて治療をしてまいります。

削ってしまった歯を残すことはできませんので、気になる方は処置前にご相談いただけたらと思います。

痛くない根管治療|根管治療・精密顕微鏡治療専門 坂上デンタルオフィス

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療後のお悩み and tagged ,

『歯の神経を抜く』ってなに? (ひどい虫歯の治療について)

歯医者さんで、「歯の神経を抜きます(取ります)!」と言われることがあるかもしれません。

歯のどこに神経があるのでしょうか?また、どのようなものなのでしょうか?

まず、歯の神経って何でしょうか。それを知るためには歯の解剖学的構造を知る必要があります。歯は外側からエナメル質、象牙質、歯髄となっています。

歯根の外側には歯根膜があり、歯と周りの骨をつないでいます。
歯の神経は歯髄の中にあります。には神経以外にも血管なども通っており血液、色々な細胞(免疫細胞など)が通っています。

歯は固くて血液などは流れていない感じがしますが、実は中に血液が流れています。

shinkei_01

『歯の神経を抜く』というのは、歯髄すべて、つまり歯の神経、血管、細胞などすべてを取り除くことです。
多くの場合、むし歯が深くなって痛み出して神経を抜く事になります。 shinkei_02

歯の神経、血管、細胞などを取ると、歯の中では免疫応答がなくなります。
免疫力が無くなった歯の内側は、そのままでは細菌が繁殖してしまいます。
細菌の繁殖を防ぐために、歯の内側を色々な器具を使いキレイにして、次に細菌が繁殖しないように緊密に詰めていきます。 shinkei_03

歯の歯髄(神経、血管、細胞など)が残っていれば、自身の免疫力により細菌は繁殖しにくくなっており、このような処置(根管治療)は必要ありません。
しかし、むし歯が深くまで進行していたり、歯髄が細くなって弱くなっていたりすると歯髄をとる必要が出てきます。
歯の状態によって神経を残せるか、取り除かなければならないかは変わってきます。
先生と相談のうえ、処置方針を決めていかれるのがよいと思います。

痛くない根管治療|根管治療・精密顕微鏡治療専門 坂上デンタルオフィス

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療中のお悩み and tagged , ,