TOPへ戻る

お知らせ

タグアーカイブ: 再根管治療

かぶせものに穴をあけて再根管治療を行いました。その後、穴をふさいだ形跡がないのですが、このままでいいのでしょうか?

かぶせものに穴をあけて根管治療を行うことがあります。
かぶせ物を壊したくない時などです。

根管治療が終了すれば、その穴だけをふさいで処置を終了にすることができます。

当院では穴をふさぐことなく治療を終了することはありません。
穴があいたままだとお口の中の細菌が入ってきて、また感染を起こしてしまいます。

「膿を出す」などの理由で一時的に穴をあけたままにすることもあるようです。
しかし長期間穴をあけたまますることは、当院ではありません。

根管治療の本質は、根管内の細菌を可能な限り減少させることです。
そのため、お口の中の細菌が侵入することができる環境に長期間さらすことは、「歯を残す」ための根管治療にそぐわないからです。

そのために患者様にお薬を飲んでいただくこともありますが、ご協力いただければ幸いです。

痛くない根管治療|根管治療・精密顕微鏡治療専門 坂上デンタルオフィス

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療後のお悩み and tagged ,