TOPへ戻る

お知らせ

タグアーカイブ: ひどい虫歯

根管治療したにもかかわらず、咬むと痛みます。治療がうまくいかなかったのでしょうか?

『咬むと痛い』という症状の原因としては、
①炎症などによる場合(侵害受容性疼痛)と、②それ以外の場合(神経障害性疼痛など)があります。

これらのうち、①の炎症による場合には根管治療によって改善を期待することができます。
しかし、これらの違いは患者様ご自身では判断しづらいと思います。

また、実際にはこれらの痛みの原因は一つではなく、複雑の要因が絡んで一つの痛みを形成していることが多くあります。

根管治療後の痛みに対してご心配の方は是非一度、当院にご相談ください。
豊富な知識と大学病院での診療経験を持った根管治療専門医がお応えします。

痛くない根管治療|根管治療・精密顕微鏡治療専門 坂上デンタルオフィス

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療後のお悩み and tagged , , ,

どうして歯の神経を取らなくてはいけないのですか?

歯の絵_解剖

歯という組織は、咀嚼(噛むこと)や構音(声をつくる)を担う非常に重要な組織です。歯には外界からの刺激を受けとるために、歯の内部に神経が通っています(一緒に血管や種々の細胞がいます)。
過剰な刺激を受けた場合には、刺激を電気信号に変えて脳に伝え、脳が痛みと感じます。歯の中の神経は、過剰な刺激から身を守る、つまり体の恒常性を保つ上で非常に重要な役割を担っています。

歯の絵_神経の治療

しかし歯という組織は、う蝕(カリエス)つまり、むし歯に罹患することがあります。
う窩を形成した(穴があいた)むし歯は自分の体で治すことができず、進行していき、いつしか神経や血管のある歯髄に達します。
歯髄に近接したむし歯は痛みを引き起こし、その痛みは歯髄が生命力を失うまで続いてしまいます。
歯の神経の痛みは、一般的に非常に強く感じられるものです。

先日拝見した患者さんは、「出産より痛かった!」とおっしゃっていました。
このような非常に強い痛みを取り除くために、神経をとる(抜髄)処置があります。
本来は体を守るために重要な歯の神経を、痛みを取り除くために取っていくのです。
その処置は、できる限り成功させる必要があり、そのために根管治療専門医が存在します。

当院では、歯の神経をとる処置(抜髄)を行うこともございますが、残せる神経はまず、保存を試みます。(もうすでに強い痛みを経験している場合は、難しい場合もあります。)ご自身では判断できないときなどは是非一度、ご相談ください。

痛くない根管治療|根管治療・精密顕微鏡治療専門 坂上デンタルオフィス

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療中のお悩み and tagged , , ,

根管治療にはどのくらいの時間がかかりますか?また、通院は何回くらいする必要がありますか?

当院での根管治療は、診査・診断を丁寧に行い、マイクロスコープを使用して精密に治療を行いますので、一回の治療時間に1時間〜1時間半かけさせていただきます。

IMG_4182

当然、ラバーダムも使用致します。
治療回数としては通常、前歯ならば1〜2回、奥歯ならば3回程度で治療が終了いたします。

>> ラバーダムについて詳しくご覧になりたい方はこちら

もちろん患者様個々の歯によって多少、延長することはあります。
そのような場合でも、痛みや腫れの原因についてCT画像やマイクロスコープを用いて精密に診査、診断、処置を行います。

私は大学病院にて根管治療を主とし治療を行ってまいりました。
困難な症例になればなるほど、根管治療を専門に行ってきた知識と経験が生かし、様々な方法をご提案できると思います。

そのために治療回数が増えることはございますが、やみくもに治療を長引かせることはございません。

 

痛くない根管治療|根管治療・精密顕微鏡治療専門 坂上デンタルオフィス

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療前のお悩み and tagged , , ,

根管治療後に痛みが出る事はありますか?

根管治療後には、一時的に痛みが強く出ることもあります。中には痛みが長く続いてし

まう方もいらっしゃいます。このような症状は適切に治療が行われている場合にも生じる

ことがありますが、不十分な根管治療によっても生じる場合があります。歯の中はご自身

では見ることはできませんので、不安に感じることと思います。そのような場合にも当院

にご相談いただければ、レントゲン写真やCT画像、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を

用いて診査し、現在の状態を丁寧にご説明させていただきます。治療後の状態が不安な方

も是非一度、ご相談ください。

痛くない根管治療|根管治療・精密顕微鏡治療専門 坂上デンタルオフィス

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療後のお悩み and tagged

『歯の神経を抜く』ってなに? (ひどい虫歯の治療について)

歯医者さんで、「歯の神経を抜きます(取ります)!」と言われることがあるかもしれません。

歯のどこに神経があるのでしょうか?また、どのようなものなのでしょうか?

まず、歯の神経って何でしょうか。それを知るためには歯の解剖学的構造を知る必要があります。歯は外側からエナメル質、象牙質、歯髄となっています。

歯根の外側には歯根膜があり、歯と周りの骨をつないでいます。
歯の神経は歯髄の中にあります。には神経以外にも血管なども通っており血液、色々な細胞(免疫細胞など)が通っています。

歯は固くて血液などは流れていない感じがしますが、実は中に血液が流れています。

shinkei_01

『歯の神経を抜く』というのは、歯髄すべて、つまり歯の神経、血管、細胞などすべてを取り除くことです。
多くの場合、むし歯が深くなって痛み出して神経を抜く事になります。 shinkei_02

歯の神経、血管、細胞などを取ると、歯の中では免疫応答がなくなります。
免疫力が無くなった歯の内側は、そのままでは細菌が繁殖してしまいます。
細菌の繁殖を防ぐために、歯の内側を色々な器具を使いキレイにして、次に細菌が繁殖しないように緊密に詰めていきます。 shinkei_03

歯の歯髄(神経、血管、細胞など)が残っていれば、自身の免疫力により細菌は繁殖しにくくなっており、このような処置(根管治療)は必要ありません。
しかし、むし歯が深くまで進行していたり、歯髄が細くなって弱くなっていたりすると歯髄をとる必要が出てきます。
歯の状態によって神経を残せるか、取り除かなければならないかは変わってきます。
先生と相談のうえ、処置方針を決めていかれるのがよいと思います。

痛くない根管治療|根管治療・精密顕微鏡治療専門 坂上デンタルオフィス

日付:  カテゴリ:根管治療 Q&A, 根管治療中のお悩み and tagged , ,