TOPへ戻る

根管治療 動画

根管治療の様子を動画でご紹介

マイクロスコープによる歯根破折の精密診査療

根管治療の最初のステップは、診査、診断です。
この段階で間違ってしまうと、治療がうまくいきません。
今回の動画では、歯根破折の有無を診査しております。 歯根破折を生じている歯は抜歯の対象となる場合があるため、 診査は非常に重要です。
また、歯根破折を見逃してしまうと、根管治療を行っても 改善せず、治療が長引くことがあります。 逆に『歯が割れているかも』と言われても、 マイクロスコープで確認し、割れていないこともあります。
割れていないようならば、治療により改善するかもしれません。
そのため当院では、診査、診断に時間をかけ、丁寧に治療法について お話しさせていただきます。

電動麻酔を利用した治療

側方加圧充填

根管充填(根の中を詰める)方法にはいくつかございます。その中でも「側方加圧根管充填」という方法と「垂直加圧根管充填」と言われるものがございます。どちらも治療の予後(経過)には大きな差はないと考えられております。症例によって(根管の形態によって)使い分けるのがよいと考えております。今回は側方加圧根管充填についての動画になります。学生の時から習う非常に基本的な方法ですが、きちんと詰めれば確実で緊密な充填が可能です。

根管治療時に利用する新しい器具『SAF』について

当院で用いているSAFという器具は、ニッケルチタンという柔軟性に富んだ金属を使用しております。
さらに構造が網目状になっており、通常、根管治療に用いる回転切削器具とは、構造が異なります。
さらに回転によって切削するのではなく、若干の回転と細かい上下動にて切削します。そのため、通常の回転切削器具では不得意な、扁平な根管や太い根管において侵襲性が少なく、根管内壁を切削、洗浄できます。必ず使用する器具ではありませんが、得意分野では威力を発揮してくれます。

治療中にウミが出てきました

根管治療中に根尖孔より膿(ウミ)が出てきた症例です。
本症例では処置前に当該歯根尖相当部に腫れを認めました。
処置前のレントゲン写真より、歯根の方向と金属の土台の方向が異なるため注意深く土台を除去していきました。
根管内の詰め物(ガッタパーチャ)を除去すると、根尖孔より膿が上がってきました。膿が上がってきているうちは治療を終了できませんので、膿が止まるのを待って、十分洗浄し当日の処置を終了いたしました。

患者さんによく質問されますが、すべての場合に膿が出てくるわけではありません。むしろ膿が出てくる(上がってくる)ケースの方が稀です。根管治療は膿を出すことが目的ではありません。根管内をキレイにし、感染源を除去することが一番重要です。
そのため、すべての患者さんでこのように膿が上がってくるわけではありません。

根管治療時に利用する『マイクロエキスカ』について

当院ではファイル(ステンレススチール製、ニッケルチタン製)、超音波チップの他に、『OKマイクロエキスカ』という器具を用いて根管内を清掃していきます。これは先端が0.3mm〜0.5mmの小さな耳かき状になっており、通常の器具では掃除できない「細かい溝」や小さな「くぼみ」の掃除に役立ちます

根管治療はマイクロスコープを用いるようになって飛躍的にできることが増えました。視認下で細かい処置ができるようになったからです。しかし、見えてもそこに届く道具がありませんでした。そこでこの『OKマイクロエキスカ』!今まで、根管の構造をイメージして盲目的に処置していた「細かい溝(フィン、イスマス)」の処置が視認下で余計なところを削ることなく確実に処置できるようになったのです。
さらにこの道具の良いところは、マイクロスコープで見ることができない根管の曲がった先や、くぼんだ部分まで器具の先端が届くのです。マイクロスコープのちょっと先まで処置できます。 ほんとに便利です。
短い動画(15秒)なのでぜひご覧ください。

未処置の根管を探索・処置

根管治療は大きく分けて、「1回目の根管治療」と「2回目以降の根管治療」に分けることができます。2回目以降の根管治療では、1回目の処置で不十分だった根管を掃除したり、見つかっていなかった根管を見つけて掃除したりする必要があります。
本動画では1回目の根管治療(2根管のみ処置済)で見つかっていなかった根管を、ラバーダム、マイクロスコープ、超音波チップ等を用いて見つけてキレイにしています(さらに2根管見つけて4根管処置)。当院では一般的な処置となります。ちょっと長いですが見ていただけたら幸いです。

ホントは2回目でしっかり治療するより、1回目でしっかり治療する方が歯のためにはよいので、早い段階で来院していただけると歯を残しやすいと思います。もちろん残せる可能性があると判断すれば、何回目でも処置させていただきます。