TOPへ戻る

お知らせ

カテゴリ: 根管治療

当院での根管治療2017(4)

世田谷区二子玉川にて根管治療を専門に開業しております、
坂上デンタルオフィスの坂上斉です。

当院で行った治療の経過をご紹介させていただきます。

患者さんは、右上の歯に鈍痛があったようですが、お近くの歯医者さんでは、
「ポスト(土台)が大きいので根管治療ができない!」と言われ、処置を躊躇されておりました。


左から3番目の歯の根の先に黒いカゲがあり、根に問題があることが確認できます。
確かに土台の金属が大きく削って入っており、土台を外すのはリスクがあります。

当院では、根の治療の際に、
かぶせ物や土台を外して通常と同じように根の治療をする方法と、
かぶせ物や土台を外さずに手術で根の治療をする方法の
両方を行うことができますので、患者さんに両方の方法の
リスクとメリットをお話して相談しながら治療方法を決定していきます。

今回は、『金属の土台を外して治療してほしい!』とのことでしたので、
金属の土台を外して治療を行いました。
もちろん、マイクロスコープを使いながら、歯のなるべく削らずに治療を行いました。


↑根管治療後のレントゲン写真
金属を外して、余計なことろはあまり削らずに、根の治療が行われているのが確認できます。

そして、土台を入れて、仮歯にして経過をみていきました。


↑3か月後の経過のレントゲン写真
根の先の黒いカゲが小さくなっているのが確認できます。
右上の鈍痛も改善し、仮歯で何も気にせずに食事ができているようです。
最終的なかぶせ物をお願いしてもよさそうです。

今回は、かぶせ物や土台を外して治療を行いましたが、
大きく入っている土台を外すのはリスクがあります。
〔歯の残りが極端に少なくなってしまう〕
〔土台を外すときに歯が割れてしまう〕
〔土台を外すときに歯の根に穴が開いてしまう〕など、

今回はたまたま、うまくいきましたが、
一度行った根の治療のやり直しは、どうしてもリスクが伴います。
今回も現実的には、以前よりも歯の根の部分がわずかに薄くなってしまいます。
よって、手術による治療も検討しましたが、相談の結果、
このような治療方法を選択いたしました。
リスクのあった歯ですから、
この歯はかぶせ物をしていただいた後も、
経過をみていきたいと思っております。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 歯内療法専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ

トライオートZX2の動画を追加しました。

世田谷区二子玉川にて根管治療を専門に開業しております、
坂上デンタルオフィスの坂上です。

先日、新たに導入した
トライオートZX2(Tri Auto ZX2)の使用動画を
作成しました。

以下のリンクでご確認ください。
https://youtu.be/S0YpwmfK2Gk

ゴールデンウィーク中ですが、
5月6日、7日は診療しております。
皆様、よいゴールデンウィークをお過ごしください。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 歯内療法専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ

新しい機材が導入されました(トライオートZX2)

世田谷区二子玉川にて根管治療を専門に開業しております、
坂上デンタルオフィスの坂上斉です。

先日、根管治療用の新しい機材を導入致しました。

 

 

 

 

これは歯の根の中(根管)をキレイにする時に使用する
ニッケルチタン製ファイルを使用する際に用いるものです。

 

ニッケルチタン製ファイルは、
ステンレススチール製ファイルと比較し、柔軟性に富み、
根管の本来の形態を維持したまま、根管内をキレイにすることができます。

しかし、ニッケルチタン製ファイルは急に折れてしまうことが問題でした。

そこでこの新しい機材により、
回転する際のトルクを管理し、回転に変化を加えることにより、
さらに折れにくく、簡単に、より安全に
根管をキレイにすることができるようになりました。

開発段階から評価が高かったので、
一般発売が開始されてすぐに
注文し、先日、納品されました。

 

しかし、この機材を使用しても
治らない症例はたくさんありますし、
実際、どのくらい治療成績が向上するかは
不確定です。

しかし、今まで以上に
ファイルが折れにくく、安全に使用できるようになればと思い
導入に踏み切りました。

根管治療を通じて、
皆様のお口の健康に寄与することができるように
これからも診療を行ってまいります。
よろしくお願い致します。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 歯内療法専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ

当院での根管治療2017(3)

世田谷区二子玉川にて根管治療を専門に開業しております、
坂上デンタルオフィスの坂上です。
今回は当院を行わせていただいた根管治療をご紹介させていただきます。

右から3番目の歯の根が曲がっています。

初診時のレントゲン写真

『根が曲がっており、治療ができない。抜歯と言われた。』
とのことで来院された患者さんです。
右から3番目の歯は、深くまで歯が削ってあり、
根管治療が必要です。
さらに根が2回曲がっていることが確認できます。

上顎の小臼歯は根が2回曲がっている歯がまれにあります。
今回はそのような患者さんでした。

歯の根は、常に曲がっている可能性があります。
今回は曲がっていることがレントゲン写真で確認できるので、少し注意はしますが
私は根が曲がっていることを常に想定して処置しています。
処置方針が大きく変わることはありません。

根の先まで処置ができていることを確認

通常通り根管治療を行い、
レントゲン写真にて
根の曲がりに沿って根管治療が行われていることを確認した後、
根管充填を行いました。

根管充填後のレントゲン写真(真横から)

根管充填後のレントゲン写真        (少し角度を変えて)

方向を変えてレントゲン写真を撮ると
根の管(根管)にはやや厚みがあることがわかります。

今回のように歯の根の管(根管)は
曲がっていたり、
細くなっていたり、厚くなっていたり、
決して、まんまるで一直線ではありません。
天然の根管の形態を保存することは
根管治療の経過に重要な影響を与えます。

今回はレントゲン写真から
根管治療がやや難しいことが予想されましたが、
丁寧に治療することにより
抜歯せずに、歯を残すことができます。

微妙な違いで分かりにくいのですが、
小さなことに気を付けて治療を行っております。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 歯内療法専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ

院長の執筆した専門書が出版されました。

世田谷区二子玉川にて
根管治療を専門に開業しております、
坂上デンタルオフィスの坂上 斉です。


マイクロスコープを用いた根管治療の特集で、
根管内に残ってしまった破折ファイル
(根の治療で用いる器具が折れて残ってしまったもの)
を取り除く方法について、解説いたしました。


他の先生方がご高名な方々でしたので、ちょっと緊張しましたが、
何とか書かせていただきました。
皆様、ありがとうございます。


臨床の画像(マイクロスコープの画像やレントゲン画像)を多めにし、
なるべく丁寧に解説させていただきました。

破折ファイルの除去は
マイクロスコープの使用以前から行われておりましたが、
マイクロスコープと超音波チップの使用により
圧倒的に進歩しました。
もちろん、当院でも行うことができます。
方法も色々ありますので、
患者さんと相談させていただきながら
方法を決めていくことができます。

また、除去の必要がない場合もありますので、
その旨を説明することもあります。
器具が残っているような場合には
ご相談いただければ、
何かできるかもしれません。

***************************

それから、4月14日から16日まで
日本顕微鏡歯科学会のため
クリニックを休診とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、
よろしくお願い致します。

坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 歯内療法専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ, お知らせ

友人が専門書を出版しました。

東京医科歯科大学歯学部で同級生だった
岩永 譲 先生が医歯薬出版より専門書を出版しました。
(岩永先生はいま、シアトルに留学されております。すごい!)

執筆に際して、根の治療の手術(歯根端切除術)の症例がありますか?
と相談を受けたので、私の症例を提出したところ、
採用いただきました。

通常の根管治療で改善しなくても、
マイクロスコープを用いて歯根端切除術を行えば、
残すことができる歯もあります。

僕は東京の片隅で、
岩永先生はアメリカで、
頑張ってまいります。

世田谷区二子玉川の根管治療専門医院
坂上デンタルオフィス
歯内療法専門医 坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ

歯内療法症例検討会2017年春

先日3/19(日)には
秋葉原UDXにて歯内療法症例検討会が開催されました。
午前中のセミナーでは
私が40分程度講演させていただきました。

「閉塞根管の診断と対応」というタイトルでした。

根管治療の難症例と言われている、
「穿通しない根管」「石灰化した根管」などについて
臨床例を交えて、説明させていただきました。

僕は『あがって』しまうので、講演は得意ではありませんが、
若手の先生方に何か受け取ってもらえたらと思い、発表させていただきました。

本当は治療している方が、気持ち的にもよいのですが、
たまには講演もしないと、と思ってやっております。
クリニックを休診にしてしまい申し訳ございませんが、
ご容赦ください。

それから
クリニックの休診日ですが、
4月、5月は月曜日木曜日が休診日となります。
(木曜日は昭和大学の学生の指導に伺わせていただきます。)

変則的ですが、よろしくお願い致します。

世田谷区二子玉川の根管治療専門医
坂上デンタルオフィス
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 講演会, 院長ブログ

根管治療の経過2017(2)

今回は、治療後の経過を報告いたします。

矯正治療前の治療として、
左下の小臼歯の治療をご依頼いただきました。

処置前にはウミの出口ができており、
レントゲン写真でも根の先に黒いカゲが見えましたが、
処置後、ウミの出口もなくなり、
4か月で、黒い影も改善してきました。

処置前のお口の中の写真

処置前のレントゲン写真

処置後4か月のお口の中の写真

処置後4か月のレントゲン写真

処置前と処置後4か月のレントゲン写真の比較

処置前後のレントゲン写真を比較すると、処置後のレントゲン写真(右)は根の先の黒い影が少し小さくなっているのが確認できます。このまま経過してくれると良いですが、引き続き経過をみていきます。
根管治療は経過をみていかないと、本当の結果は分かりません。
1年くらいは経過をみさせていただきたいですね。

今回は今のところ、たまたま、うまく治ってきてくれました。

****************************************************

今度の日曜日(3月19日)に40分程度ですが、
若手歯科医師向けに講演会がありまして、
そのため、ブログの更新が滞っております。
講演会が終わりましたら、もう少し更新頻度を上げていきたいです。
気長にお付き合いいただけたら幸いです。

坂上デンタルオフィス
歯内療法専門医 坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ

2/25(土)は痛みの講習会に参加しました。

今日は休診させていただき、
頭痛・歯痛・首肩の痛みの関連性について
講習会を受けてまいりました。

根管治療を専門に治療を行っていると、
どうしても様々な痛みを抱えた患者さんを
拝見します。

痛みは、だれもが感じる感覚であるにも関わらず、
他人が客観的に評価することが難しく、
様々な要因が複雑に絡んだ痛みになると、
治療が難しいものです。

一つの処置ですべてが解決することができればとても良いのですが、
現実にはそのような場合だけではありません。

 

患者さんの中には、歯の痛みと同時に、
他の場所の痛みも感じる患者さんがいます。

歯の痛みに対して、私たち歯科医師は対応できますが、
他の場所の痛みには対応しかねます。
しかし、痛みの発生の仕組みを理解することによって、
私では対応できなくても、適切に対応できる先生へ
ご紹介できるかもしれません。

歯の根の痛みに対して対処できるように
日々、努力しておりますが、
痛みの要因の一つを解決するだけかもしれません。

複雑な痛みの患者さんに対して、
適切に対処できるであろう先生をご紹介させていただくこともあります。
ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

世田谷区二子玉川の根管治療専門医院
坂上デンタルオフィス
日本歯内療法学会 歯内療法専門医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ

治療の経過(ウミの出口ができてしまった方)2017(1)

今回は久しぶりに治療の経過を報告いたします。

歯ぐきが腫れてウミの出口ができたとのことで、来院された患者さんです。
最初の画像は処置前のウミの出口ができていた状態です。
術前口腔内
2015.05.01_#25
腫れた原因は真ん中の歯のようです。

その後、根管治療によってウミの出口が治ってきたので、
根の中を詰めてレントゲンを撮りました。
根充時口腔内
2015.05.29_#25
レントゲンできちんと詰まっていることを確認しました。
この時点では歯の横の黒い影は治っていません。
黒い影は6か月や1年以上かかって治ってきます。
その間にかぶせ物などを進めていただいたりします。

1年以上たって経過をみさせていただいたところ、
予後口腔内
2016.12.24_#25

ウミの出口の再発もなく、経過も良好でした。
歯の横の黒い影も治ってきました。

歯ぐきにウミの出口ができてしまった方でも、きちんと根管治療を行うことによって、
治ることもあります。今回はうまくいって、患者さんも喜んでいらっしゃいました。

歯が割れてしまっている場合などは、このようにうまくはいかないこともあります。
必ずうまくいくわけではありませんが、歯を抜く前に一度拝見させていただければ
お手伝いできることがあるかもしれません。
根管(根幹)治療でお困りの方は
ご相談いただければ幸いです。

坂上デンタルオフィス
歯内療法学会専門医 歯科保存学会認定医
坂上 斉

根管治療専門医による精密根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:  カテゴリ:根管治療, 院長ブログ and tagged ,