TOPへ戻る

お知らせ

50代女性:根管治療 患者様の声

根管治療後、メールにて頂いた患者様の声

————————————————————————————————–

52才 女性です。右上一番奥の歯を治療していただきました。

この歯は35才の時、根の部分は保険で、被せものは自費のセラミックにしてもらいましたが治療直後から疼くような痛みが続き、45才の時にも別の医院で同様の治療を繰り返しました。

しかし、痛みは治まらず、当時の先生には、「そのうち痛みは治まる」とか、「根の治療は難しい」などと言われこれが限界なのかと、なかばあきらめていました。

今年に入り、その歯の痛みがかなり強くなり、「抜歯してインプラントを入れるしかないかも」と一時は覚悟を決めましたが、どうしても自分の歯を残したい気持ちがありました。

最後にできることをしたいと思い、知人から紹介されて、坂上院長の根幹治療を受けることにしました。

最新の設備の中で、院長先生は「歯の根の構造は複雑で、平均4本くらいあるのだが、私の歯は2本分の根の治療しかされていなく、それさえも処置が不完全な状態です。」と撮影画像を見ながら説明くださいました。

治療を受けてみて、保険治療と自費治療の圧倒的なレベルの差に驚きました。

毎回受ける麻酔の注射も丁寧で痛みをあまり感じませんし、顕微鏡を使いながらのかなり繊細な作業をしてくださっていることも感じ取れました。

治療後に見えた「トレイに乗っていた使用済みの器具の数の多さ」にも驚きました。

私のこの歯は、1回に1時間以上かけた治療を3回した時点で、レントゲンできちんと確認作業され、現在仮歯を入れていただき、様子を見ています。(この仮歯さえもレベルも高いです!)

20年近く悩み続けた痛みは、全くなくなりました。なんでも噛めますし、虫歯臭も感じなくなりました。

過去、見えない部分(根)にはお金をかけず、見える部分には自費で白い被せものをしてきましたが、今思えば逆でした。見えない部分こそ、取替えのきかない自分自身の歯なのだから、自費治療となっても専門性の高い先生に診ていただくのが賢明だと思うようになりました。

今後、計画的に問題のある他の歯を治療していただく予定です。

大学の口腔外科レベルの「根幹(虫歯)の専門治療」が身近に受けられるというのは、本当にありがたいです。

世田谷区在住 ○○

根管治療 50代女性 患者様の声

根管治療 専門医院:坂上デンタルクリニック5つの特徴

 

難しい治療も対応可能です。

治療例:他医院で抜歯と診断されたが抜歯を回避できた症例

治療前 治療後
術前レントゲン写真 根管充填後3か月
治療内容について

歯ぐきが腫れてきたため、近くの歯医者さんに行ったところ、「歯を抜くしかない」と言われ、歯を残したいとのことで根管治療専門の当院にご来院頂きました。

初診時には、左下の6番目の歯は外側に、7番目の歯は内側に、腫れやウミの出口がありました。さらに6番目の歯には根管治療で用いる器具が残っておりました(レントゲン写真①)。当院でも難しい処置となり、抜歯となる可能性もありましたが、患者さんと相談し歯を残す方法を試みることとしました。

歯を残す治療を詳しく見る

 

治療例:大臼歯 インプラントに隣接した歯に対して根の治療を行い、抜歯が回避できた症例

治療前 治療後
術前レントゲン写真 根管充填後1年9か月レントゲン写真
治療内容について

患者さんは近くの歯医者さんで「悪い歯を抜いてインプラントにします」と言われたそうです。
一番奥の歯はきれいな被せものが被っていますが、歯ぐきが腫れています。ウミの出口のようなものもあります。
レントゲン写真で見ても、根の先に黒い影があります。この部分は骨が溶けているので、黒く透けて見えます。一本手前の歯はインプラントでした。この歯も抜いてインプラントにした方がよいのでしょうか。インプラント治療はよい選択肢だと思いますが、今回は患者さんと相談し、歯の根の治療により改善する見込みが少しあるかもしれないと判断して、処置を開始しました。

根の治療の流れを詳しく見る

根管治療専門医のよる安心の根管治療【坂上デンタルオフィス】

日付:   カテゴリ:50代 女性, 患者様の声